【ウラ芸能】中村里砂、七光りデビューの計算

NewsCafe / 2014年1月27日 15時0分

記者「デスクの嫌いな2世タレントがまた1人、誕生しました」

デスク「いや嫌いってワケじゃないよ。能力さえあればいい話だ。で、今度は誰よ?」

記者「俳優・歌手の中村雅俊(62)と女優、五十嵐淳子(61)の三女、中村里砂(24)です」

デスク「あらま、五十嵐淳子はけっこう好きなんだわ。『CM出演はパート』発言でヒンシュクかったり、長男(36)が大麻所持の現行犯で逮捕されたりしてから、すっかり引っ込んじゃったけど。で、娘はどんなタイプ?」

記者「母親に激似です。これまでは親のことは伏せてモデル活動を続けてきましたが、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)の収録に参加し、素性を明かしました」

デスク「結局、明かすんかい」

記者「小さい時から母親に似ていると言われてきたそうです。大学で演劇を学んだものの中退。雑誌のモデルをやってきた中で、芸能プロダクションに所属し、タレント活動を開始したとか」

デスク「やっぱり親の七光りを利用するわけだ」

記者「一応、親のことを『まだ言えるような立場ではないから』と伏せていたそうですが、テレビ番組出演を機にオープンにしたかったと。今後はモデルだけではなく女優もやりたいとのことです」

デスク「だーかーらー、計画的売名行為!」

記者「ちなみに長男は立ち直ってゴルフインストラクターとして働いています。だから里砂も公表できるタイミングだったのかも。番組は2月1日放送です」

デスク「今度は番宣かいっ!!親の話をネタにトークバラエティーに出まくるんだろうな。やれやれ。ま、一応、見てみるけどさっ」

記者「長男のように問題を起こさないことを願うばかりです」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング