氷点下の世界で再チャレンジ

NewsCafe / 2014年1月29日 18時0分

写真

氷点下の世界で再チャレンジ

子供のころ、シャボン玉で遊んだ方なら誰しも考えたこと・・・氷点下の世界では叶いました!2010年からフィンランドに移住、日本人旅行者向けプロジェクトに携わるVisit Lakeusさんのチャレンジです。

(ブログ本文)
『-15度でシャボン玉をすると ~シャボン玉奮闘記~』from「Visit Lakeus」by Visit Lakeusさん

Moi!

今朝は-10度を切って-9度。若干引きこもりの日ですが、外はきっと昨日より暖かいことでしょう。明日に関しては-5度。スキーやクロスカントリーを楽しむ人にとっては理想的な気温かもしれません。

実は2年ほど前にフィンランド在住の方が-20度の気温でシャボン玉をしたら凍るかという試みをレポートしていました。それからいつかトライしたいと思いながら苦節2年の月日を経ました。この夏たまたまシャボン玉液が入手でき、この時期まで粛々とチャンスを狙っていました。

そして先日の湖に行った帰り(湖の記事はこちら⇒http://visitlakeus.blog.fc2.com/blog-entry-163.html)、お天気もよかったので遂にシャボン玉に挑戦することにしました。…が、当たり前ですが、シャボン玉って繊細なんですよね。イメージとしてはすぐにカチンコチンに凍って、ビーチボールのように遊べるのかという予想を裏切り、すぐに割れてしまうのです。片手にストロー、片手にカメラを持って奮闘しましたが、結局こんな写真を撮るのが精一杯でした。(このとき-20度でしたしね)
最初のシャボン玉

ところが、その数日後、私のダメダメの結果をあざ笑うかのような、こんな美しいシャボン玉の写真が載っているWebを見かけました。(http://www.boredpanda.com/frozen-bubbles-winter-photography-angela-kelly/)

最初の写真と、このWebのリンクをFacebookに投稿し、「もう一度がんばるべき?」とつぶやいたところ、「がんばるべき(この冬の宿題だ)」とか「これは見てみたいです。」などのポジティブなフィードバックをもらったので、雪かきの後に少し体が温まったところで再チャレンジ。

初回は着地点をあまり考えずにやったので、地面ですぐに割れてしまっていたので、今回は雪の上で試したり、木の枝の近くで試したりしたところ、Webの写真には到底かないませんが、何枚か撮ることができました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング