【ウラ芸能】尾野真千子、次に狙う男は?

NewsCafe / 2014年3月14日 16時0分

デスク「4月スタートのフジテレビ系月9ドラマの内容を聞いて驚いたぜ」

記者「尾野真千子(32)が主演する『極悪がんぼ』ですね。『がんぼ』は広島の方言でやんちゃもんとか悪ガキのことらしく、原作はヒット漫画『カバチタレ!』の田島隆、東風孝広両氏の同名漫画で、やはり裏社会を描く内容。ドラマ化にあたって主人公が男から女になっています」

デスク「尾野はこの前の日本アカデミー賞で受賞こそ逃したけど、福山雅治(44)と共演した映画『そして父になる』で主演女優賞の呼び声も高かった実力派だ。恋愛ものばかりだった月9に新風ってか」

記者「フジテレビのお尻に火が付いたってことじゃないですかね。放送中の松本潤(30)主演の『失恋ショコラティエ』はなんとか11%台の視聴率を維持していますが、合格には程遠いデキ。ジャニーズタレントを起用しても期待した数字が取れないから路線変更に迫られたわけでしょう」

デスク「尾野は2011年のNHK朝ドラ『カーネーション』のヒロインだっただけあって、演技力に定評あるからな。期待できるんじゃないの?」

記者「尾野を見出したのはドキメンタリータッチの作風で知られ、海外での受賞歴もある河瀬直美監督(44)です。そこらの女優とは違うモノはありますね」

デスク「フジサイドもその辺に期待したってか?」

記者「テレビですから、尾野が体当たりの演技をするっていうわけでもないでしょうが、芝居への貪欲さはハンパないタイプ。演技面だけでなく、アッチのほうも盛んですよ」

デスク「男のほう?」

記者「ええ(笑)。お笑いタレント、ほっしゃん。(42)と同棲していたこともあり、彼が一昨年9月に離婚したのも尾野との結婚を考えていたから…。ところが尾野はほっしゃん。を捨て、俳優、高橋一生=いっせい=(33)と引っ付き、昨年秋ごろには結婚説も流れていました」

デスク「ほぉ…。結構な肉食系って感じがするな」

記者「今も高橋と続いているという話と、今は仕事に気持ちが行っていて、距離を置いているというのと2説あって、ちょっと尾野の気持ちまでわからないんです」

デスク「月9のヒロインをやろうっていうんだから、芸の肥やしはまだまだ必要だぞ」

記者「お笑いや知名度で劣る俳優よりもっとビッグな男を狙う可能性もありそうですね」

デスク「ドラマの話題作りもあるだろうから動向は十分注目してくれな」

記者「ヘーイ!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング