最愛の人…3割が「やっぱり我が子」

NewsCafe / 2014年4月29日 12時0分

リクルートホールディングスが運営する情報サイト「web R25」にて先日、男女既婚者655人を対象に「これまで付き合った異性を好きな順にランキングした場合、現在の配偶者は何番目?」という興味深いアンケート調査が行われた。結果、59.7%が「1番目」と回答しているという。
…と言えば聞こえはいいが、身もフタもなく言えば「4割は"2番目以下"の人と結婚している」ということになる。その4割の人が「それでも幸せか否か」はここでは掘り下げないとしても…うーん、なんだか切ない話である。
とはいえ、愛情は"恋愛感情"だけではない。"最愛の人"が配偶者以外であっても、それはそれでいい話だ。NewsCafeでは「"最愛の人"と言われてアナタは誰を思い浮かべますか?」というアンケートが実施されたらしい。ランキングとともに寄せられた声をご紹介しよう。
※回答総数…645件

【1位】子供(31.6%)
■自分の命より大切な存在であり、子供が生まれたことによって、自分の命もこの子たちを守っていくために大切なんだと気づかせてくれた存在です。[女性/30代/自営業]
■自らを犠牲にしてでも守りたい自分の分身だからね。[男性/50代/会社員]
■こめんよ! ダンナ![女性/40代/主婦]

【2位】配偶者・恋人(21.9%)
■私なんかを受け入れてくれて頑張ってる主人が一番です。[女性/40代/主婦]
■字のとおり恋愛対象で一番好きな人ってイメージ。[男性/40代/会社員]
■択一は難しいですね…両親か配偶者ですが。人に限らずなら、真っ先に愛猫と答えます(笑)。[女性/30代/主婦]

【3位】親(19.1%)
■やっぱり母です。身体が弱くて苦労をかけた。今、わずかでも恩返しをできる時です。[女性/50代/自営業]
■自分をここまで育ててくれた親には感謝と愛でいっぱいです。[男性/10代/学生]
■やはり亡くなった両親、生んでくれて感謝します。[男性/50代/その他]

【4位】いない(9.2%)
■今のところいませんね…。[女性/40代/会社員]
■愛猫だけ![男性/10代/会社員]
■天涯孤独。[男性/50代/その他]

【5位】芸能人(1.6%)
■V6一番!! 旦那は二番。[女性/40代/フリーター]
■滝沢沙織![男性/40代/会社員]
■誰とは言えないが心を潤してくれる人です。[女性/10代/専門職]

そして6位以下は【兄弟(0.9%)】【愛人(0.9%)】【祖父母(0.8%)】【親戚など(0.3%)】という結果に。

択一は難しいという声は多いながらも、1位が「子供」、2位「配偶者・恋人」、3位が「親」と、そこはかとなく順当な数字になっている。比べるような事でもないとは思うが、大切に思う気持ちを再確認する機会だった…とでも考えるといいのかもしれない。
もちろん「初恋の人かな」「かわいい孫ちゃん」「自分の事が世界一好きだから、自分自身」「夫、子供より私がいないと生きてゆけない愛犬」など様々なコメントがあったが、いずれにしても"最愛"と表現できる対象があるのは素晴らしいことだ。約1割の「いない」と答えた人には、心から愛でる対象が現れるよう祈りたい。

[文・能井丸鴻]

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング