「Happy」がもたらしたブーム

NewsCafe / 2014年5月24日 11時0分

写真

「Happy」がもたらしたブーム

今、世界で最も注目を集めているアメリカ人歌手「ファレル・ウィリアムス」。名前を聞いたこともない人も多いだろう。なぜ彼が人気なのか?ファレルの名が世に知れ渡ったきっかけは、なんと言っても世界最高峰の音楽の祭典グラミー賞で5冠に輝いた"歴史的事件"ともいえる豪華共演だ。エレクトロ・デュオ「Daft Punk」とフューチャーした「GET LUCKY」をソウル・フュージョンの名だたる大御所、スティービー・ワンダーやナイル・ロジャースなどに囲まれ一人のシンガーが歌い上げた。その歌手がファレル・ウィリアムスだ。グラミー賞受賞後も、その人気の勢いは止まる所を知らず、シングル曲「Happy」は全米シングルチャート10週連続1位!さらには、ミュージックビデオは全世界で2億5千万再生されるなど、世界はHappy一色だ!なぜ、この曲がこれほどのヒットをもたらしたのか。実は、このヒットの裏には、驚くべきムーブメントが巻き起こり、ある深刻な逮捕事件にまで発展する事態に・・・。

■ブッ飛んだ発想!
「ハッピーなんだよ 浮かれる気持ちを抑えたいけど ハッピーなんだよ」と歌詞にあるように、ひったすらハッピーな気持ちを歌にした「Happy」(笑)気むずかしい現代社会に精神の解放を求める人々のリデンプションソングとも言えるこの歌。印象的なのは、そのPV(プロモーションビデオ)だ。ファレルを中心に、職業や個性、人種も年齢も違った人々がノリノリな創作ダンスなどで自己表現をしている愉快なビデオに仕上がっている。また、このPVの何がすごいかと言うと、HappyのPRのためだけに、ちょっと斜め上をいったサイトが公開され、その仕組みが斬新すぎると話題となった。
そのサイトとは、4分間のPVを、24時間ひたすら連続再生させるという仕様だ。映像に流れてくるシチュエーションは、一般人から有名人まで様々な人々が4分間歩きながら踊っているインタラクティブな企画となっている。単純計算で約360人もの人々のハッピータイムが全世界に配信されているわけだ・・・。斬新すぎるぅっ!裏返せば、カメラさえ持っていれば誰でも撮れるシーンであり、動画に原曲をくっつけちゃえば、ほら完成!そのことに気づいた人々が、自身のハッピーな気持ちを動画に納め、次々と「俺が街」バージョンが投稿されている。次第にアメリカ国内だけでなく、世界六大陸を渡り巨大なムーブメントを巻き起こした。その流れは、YouTubeの閲覧規制がかかっている中国でも広がり、人民の"ハッピー"を望まない習近平も頭を抱えるレベルの勢いだ。日本でも、原宿を舞台に、お相撲さんやKawaiiガールたちなど様々な人々が出演し話題となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング