紺野あさ美、復帰にも暗雲…

NewsCafe / 2014年7月24日 18時0分

元モーニング娘。アイドル出身の異色というテレビ東京の紺野あさ美アナ(27)。4月から体調不良で自宅療養していたが、今月から職場復帰、20日放送の「こちら!リンリン相談室7」で約3カ月ぶりにテレビ出演したほか、22日には漫才新人大賞の司会を務めるなど順調に回復しつつあるようだが…。
「何せアイドル出身で、タレント気取りだったじゃないですか、彼女は…」というのはテレ東の局内事情に詳しい女子アナウオッチャー。
彼女はイジメによるストレスで休んでいたとも聞く。
「相変わらず職場では総スカンです。一緒に仕事をする記者やスタッフ、先輩女子アナからは常に無視されていましたが、この先も味方が増えるとは思えません」
なぜ、そこまで孤立した?
「自業自得じゃないでしょうか。最初は一通のメールがきっかけでした。上司におごってもらったとき、女子アナは全員当日か翌日までに『ごちそうさまでした』とお礼メールを送るんです。しかし、紺野だけは一切お礼メールを出さなかったので、礼儀知らずだと噂が立ったんです」
へぇ~。
「やはり、元モー娘。という特権意識から抜け切れていなかったのでしょう。昼休み中の会話でも、いかに芸能界とコネがあるかという自慢話が多く、徐々に女子アナのお局様たちから目をつけられました」
なるほど…。
「取材でも上司に反発することが多く、現場回りの地味な仕事は『これは女子アナのする仕事じゃない。下請けのリサーチ会社にさせればいいでしょう』と、周りが唖然とするようなことを言い放っていました」
それはひどい…。
「同僚から先輩まで彼女と距離を置くようになり、『何かしてあげても、ありがとうさえ言えない』などの悪口が本人の耳に届くようになって、うつ状態になり、休養したわけです。復帰後も社内の空気が彼女に味方する可能性はないでしょう」(先のウオッチャー)
広島の野村祐輔(25)、日本ハムの斎藤佑樹(26)、DeNAの三嶋一輝(24)の各投手との交際のウワサもある紺野。いずれの投手も今季の成績がさえないのは"彼女"のツキのなさも影響している?!

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング