日本人称賛、現実に失望…

NewsCafe / 2014年7月31日 11時0分

写真

日本人称賛、現実に失望…

1分2敗で幕を閉じた日本代表のW杯ブラジル大会から一月が経ち、もはや国民の関心は、号泣会見で一世風靡した野々村元兵庫県議員に全てを持って行かれた。新代表監督の就任で国民の関心を向けようとするも、取り付く島もなく、代表選手らのCMや自己啓発本のクサい文句ばかりが虚しく遺り、本田選手の"夢ノート"に至っては絶賛!半額セール中だ。あれだけ日本代表への期待値を煽っときながら、いざ負けると、そっぽを向けるメディアと共に、国民のサッカーへの関心度もだだ下がりだ。そんな後味の悪いW杯も、悪いニュースだけではなかった。
■日本人の行動に称賛
日本から遙々、地球の反対側のブラジルへと駆けつけたサポーターらによる試合後のスタジアムの清掃活動に世界が称賛した。これらの行動に、開催地ブラジル・リオデジャネイロ州政府は7月11日、「日本人の行動は、文化的遺産である」と讃え、駐リオ日本領事館などを表彰。また、22日に開催された同国リーグ3部­の試合後、クイアバのサポーターがゴミ拾いをしたことについて「日本サポーターの影響­を受けた」と地元のメディアが報じるなど、日本人サポーターの行動は一種のムーブメントを起こしつつある。そんな最中、"夢ノート"の処分に頭を抱える書店と同様、東京都墨田区の自治体も、あるモノの処分に頭を抱えていた・・・。
■日本人も普通の人間
世界が称賛したスタジアムの清掃活動から一月も経たずして、全国から呆れまじりの非難の声が相次いだ。
去る7月26日、「隅田川花火大会2014」に96万人もの人々が訪れ、観光客らは2万発の大輪と東京スカイツリーとの共演に歓声を上げた。見物客らの歓声も束の間、終了と同時に浅草などの近隣地域の路上がゴミだらけの"無法地帯"になっていたと、Twitterのユーザーらが写真­と批判をネットに相次いで投稿された。2万発の花火が彩った墨田の空の真下には、それを優に上回る程の無残なゴミが彩り、その有様は、昨年の隅田川花火大会での高橋真麻アナずぶ濡れ中継を勝る惨事だったとか・・・。所構わずゴミが積み重なり、ゴミの分別もさることながら、ご立派な折りたたみ式テーブルまでもが放置されている高級っぷり。さらには、文化財でもある浅草寺の「二天門」前には、若者らによる悪ノリで無法地帯化する始末に。墨田区は、同様の悪質な見物客への警告を公式HPで呼びかけるなど、ネットでの広報活動には努力していたようだが、実際はなんの解決にも至っていないのが実情だ。祭りや花見などのゴミ放置問題は今に始まった事ではないが、何年もの間、再三に渡り対策を求められているにも関わらず、対策を疎かにしている実行委員会は、会場設営・警備に注力を注ぐばかりに、ゴミは事後、業者に片付けさせりゃあいいだろうと蔑ろ(ないがしろ)にしてきたのだろう。それでもって、対策を求められれば、何かにつけてお金を徴収するシステムを導入し、業者任せ。これが、大抵の自治体がとるテンプレだろう。それでは一向に見物客らのモラルは改善されない。
■24時間テレビを見習え!
割れ窓理論をご存じだろうか。人はたいてい、清潔な場所では一番最初にゴミを落とすことにかなり大きなためらいを感じる。すでにゴミが散乱している場合とは違い、多少の抑止力が働く。では、初めから罰金を科せばいいのか?しかし、こうした抑制行為だけでは十分でないことを多くの自治体も認めている。なぜなら、人がごった返す中で罰金を徴収するには手間が掛かる。その間にも、監視の目を離れたところでゴミが捨てられ、ゴミ山の完成だ。では、なにが効果的なのか。筆者はこう考える。観衆の目によって、ポイ捨て禁止の雰囲気作りをすればいいだけの話。24時間テレビを観て、大抵の人は一過性ではあるが善意が芽生える。そう! 会場に徳光和夫を配置すればいいのだ。実際にマイクを握っていただき、24時間テレビ的な催しを同時進行させる。日本人ならではの、右へならえ精神を上手く一時的にすり込み、観衆の目を他人に向かせる。ゴミを捨てた者には、①強制的に募金②ゴミ捨て代行お駄賃の支払いのどちらかを命じる。額は、100円そこそこにしておこう。金額が増えれば、いざこざが生じるからだ。お金が欲しい人らが群がり、人助けができ、街がキレイになるという相乗効果が生まれる。実に楽しそうな試みだ。
近年、自治体ごとに煙草のポイ捨てに罰金が課せられたり、産業廃棄物の不法投棄など監視の目が厳しくなっている一方、こうした大規模な催事の後のゴミ問題に関しては、まだまだ規制がゆるいというのが実情。2020年の東京五輪開催まで残すところ約5年。それまでには、国家全体レベルで公の場におけるモラルを再認識させ、対策を練りたいところだ。

【執筆者:王林(オーリン)】

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング