関根麻里、降板もメデタイ?

NewsCafe / 2014年8月13日 18時0分

タレント、関根麻里(29)が韓国人歌手K(30)との結婚をレギュラー司会を務める情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)で報告。交際発覚から2年をへてようやく着地という感だが、その周囲からは思わぬ雑音が聞こえている。
「父親のタレント、関根勤(60)とともに『理想の親子』タレントとしてオリコンランキングの殿堂入りするなど、好感度が高く、留学経験もある知性派なのに、今回の麻里の対応はお粗末でした」とこぼすのは日テレ関係者。
関根勤も早くからKのことを認め、「孫の顔を見たい」とコメントしていた…。
「麻里のメーンの仕事であるZIP!の関係者への『仁義』が通っていなかったんですよ。当初の交際から今回の結婚発表までの報告が後手後手だった」
仁義、ですか?
「テレビ局としては有名タレントのおめでたい話は独占したいわけです。ところが、そのネタはスポーツ紙にスクープされたし、報告もZIP放送前日の10日、彼女が出演する舞台で囲み取材に応じて事前に済ませたのです」
よく言えば公平な対応とも映るが…。
「そうした関根父娘の対応に、日テレのプロデューサーが怒り、麻里のおめでた話を無視しろ、と系列局に指示を出したんです」
大人気ない対応だ。
「そして9月には関根にかわって女優、北乃きい(23)の起用が濃厚と一部スポーツ紙がスクープしましたが、北乃のキャスティングを進めていたことも麻里が報告をしなかった遠因でしょう」
なるほど…。
「ただ、麻里にとっては早朝の帯番組は体力的にきついし、結婚・妊娠願望が強い彼女には不利。番組を降りるのは結果的にOKのようです。Kとの間に子供でもできれば、さらにママタレとして仕事が増える可能性も期待できます。ただ韓流ブームが冷え切り、嫌韓の空気が濃い日本でKの出番は少ない…。麻里も幸せいっぱいとは言い切れないでしょう」(先の関係者)
2人が日韓交流回復のシンボルになるといい!?

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング