志村けん、ストーカーだった

NewsCafe / 2014年8月20日 18時0分

お笑い界の大御所、志村けん(64)の一番のお気に入りとして可愛がられてきたタレント、優香(34)。
2人の間には結婚説も流れたが、「実は志村の一方的な片思いだった」と真相を語るのは事情通の事務所関係者だ。
「志村が優香を自分の番組に呼んでから、すでに15年以上経ちますが、初対面からかなり目をかけていました」
そうなんだ?
「その後、『志村けんのだいじょうぶだぁ』『志村けんのバカ殿様』(共にフジテレビ系)など、自分の看板番組の相方に指名したんです」
そこから発展したんだよね…。
「石野洋子(46)、松本典子(46)のときもそうでしたが、志村は必ず自分の気に入った女性をテレビで相方にして親密度を高めていきます。しかし、私生活でも長年に渡って優香を口説いたにもかかわらず、優香にその気はなく、落ちることはありませんでした」
意外だけど、どうしてなの?
「志村が数年前から、優香に対してストーカーのような行為をしたからです。『今日はどこに行っていたんだ? ちゃんと報告しろよ』などと、私生活に細かく干渉しようとしたので、嫌気がさしたんでしょうね」
そんな男だったのか…。
「その結果が、今年からスタートした深夜の冠番組『志村座』(フジテレビ系)からの優香の不在です。これまで優香は、志村に多少気のあるふりをしながらも、はっきりしない態度で逃げていたんですが、ついに今年、嫌気がさして関係を解消しました」
そうなんだ?
「諦めきれない志村は、最後にプロポーズしようと試みますが、優香もそれを察し、呼ばれた席に母親を同席させたそうです。ここまで警戒されたら、さすがの志村も意気消沈し、諦めたみたいですね」(先の関係者)
若い子が大好きな志村は、その権力で欲しいままに女優の心を手に入れてきたが、優香だけは思い通りにならなかった?!

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング