宇多田ヒカル、次の「一手」見えた

NewsCafe / 2014年8月21日 18時0分

2010年8月の「人間活動宣言」から4年もの休業状態にある歌手、宇多田ヒカル(31)が活動再開に動いているという。今年5月に8歳年下のイタリア人バーテンダーと結婚し、現在はロンドンで新婚生活を送る宇多田の近況は…。
「昨年8月に新宿のマンションから投身自殺した母親で歌手、藤圭子さん(享年62)の衝撃事件からようやく気持ちが癒え、創作への意欲も盛り返しているようです」と語るのはスポーツ紙記者。
ただ、夫については失職し、宇多田のヒモ状態だとか…。
「そう、彼女にとって夫はペットのようなものでしょうが、自分の気持ちを素直に出せる存在なので夫婦の危機とかは当面ないでしょうね」
で、その創作って?
「ヒカルの父親でプロデューサーの照実(てるざね)氏(66)が今月2日付にファンからの問いかけに『(新曲は)出ます』とツイートしたことで信憑性が増しています。去年あたりから藤さんの1周忌をめどに活動再開かというウワサが聞こえていましたが、ロンドンでかなりの曲を書き溜めているそうで、年内にはレコーディングに入るなど具体化するんじゃないですか」
ファンも大喜びですね…。
「活動を再開するとなると、当然歌のプロモーションをすることになりますが、それに合わせて彼女が小説を書き、出版するとの話も出ています」
ヒカルは本好きでも知られているよね…。
「自身の生い立ちや母への思いを込めたものを小説のスタイルでまとめているらしいんです。才能がある彼女のことですから、小説の形にまとめればかなりのものになるんじゃないですか」
既に争奪戦とか?
「小説はある程度修業をしないと形になりませんからね。大手の出版社は専門の編集者を使って出版化の打診に動いているでしょう」
新作と小説の発表となると話題は十分…。
「夫はヒモ扱いされていますが、彼女は子供を産みたいという気持ちも強いそう。それもかなえるとすれば…最高の話題作りでしょう」(先の記者)
この秋、再びヒカルが話題を集めそうな気配だ…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング