KAT-TUN、絶賛空席祭り?

NewsCafe / 2014年8月23日 18時0分

赤西仁(30)に続く田中聖(28)の脱退でメンバーが4人になってしまったジャニーズ事務所所属のKAT-TUN。
「この夏、4人になってから初の全国ツアーが行われたものの、この先、大丈夫なのかと心配されています」とはスポーツ紙記者。
全国ツアーは2年半ぶりとあって、待ちわびていたファンたちで大盛況なのでは?
「それが…8月9日の札幌公演では空席祭り状態。ステージ横のスタンドは、左右共に空席を見られないよう、部分的に黒幕が張られていました」
撮影クルーが入る時などは、客席の一部を関係者用に空席エリアにする事はよくあるが、空席を隠すための黒幕とはジャニーズでは前代未聞?
「いえいえ、地方の無駄に大きすぎるホールなどではちょいちょいあります。ただ、やはりKAT-TUNとしては、演出用以外では初めてだと思います」
6人で活動していた全盛期には、1万人を超えるドーム公演のチケットも争奪戦。ステージに近いアリーナ席は、ネットオークションで数十万円もの値がついたこともあったはず…。
「やっぱり赤西が抜けた影響が大きかったことが改めて分かりましたよ。一番態度が悪いけど、一番人気がありましたから。ネットではさっそく『メンバーからも空席、見えてるよね。切ない』『この先、大丈夫なのか』とファンは複雑な心境をのぞかせています」
地方公演を経て9月には東京・国立代々木競技場第一体育館での公演があり、年末の大阪の京セラドームでのカウントダウンコンサートがツアー最終日となるという。
「KAT-TUNに関しては過去にも、ネットで1000円を割る価格でチケットが売買されていたことがありましたが、一応、席は埋まっていたんです。ところが、今回は『チケット譲ります』が多く、ファンクラブ会員にはチケット申し込み受付終了後もまだチケット販売の案内が届くあたり、苦戦が続いています」(先の記者)
黒幕という厳しい現実が続けば、ツアーDVDの発売も危うくなる!?

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング