安室奈美恵、独立騒動に男のカゲ

NewsCafe / 2014年8月25日 18時0分

このところ、週刊誌に独立への動きを書き立てられている歌手、安室奈美恵(36)。
「デビュー以来長く蜜月関係にあった所属事務所『ライジング・プロ』に対し、自身の権利関係をすべて引き揚げようとしています。それに慌てたライジング側が安室の動きをけん制し、長年育ててもらった事務所に『奴隷契約だ』などと言い放ったなどと、安室の銭ゲバぶりをリーク。安室も一歩も引かず泥仕合状態」とは芸能リポーター。
そのリポーター氏が意外な情報をささやいてきた。
「この余波で、安室と交友関係にある俳優、三浦涼介(27)が巻き添えをくらっています」
三浦はかつて安室と恋仲ではないかと囁かれたことがある。安室の独立には、やり手プロモーターで音楽プロデューサーの西茂弘氏(54)が背後にいるというが、もしや三角関係?
「いえ、そっちじゃないです。三浦はもともと安室ファンだと公言してはいますが、交友が始まったのは、安室の息子が、三浦出演の戦隊ドラマ『超星艦隊セイザーX』(2005年、テレビ東京系)のファンだったことがきっかけ。三浦は安室のホームパーティーに招待され、今では家族ぐるみでのつきあいに。自宅に出入りしているだけに誤解が生じたんでしょうが、安室からすれば三浦は弟のような存在です」
なーんだ。では三浦が巻き添えをくらったとはどういうことか?
「三浦本人の態度。デビュー当時は腰が低く、礼儀正しかったのが最近、『現場で挨拶しなくなった』『役を選ぶようになってきた』と叩かれ始めました。そこに安室の騒動に乗じ、『安室とつきあいがあるからって調子に乗ってる?』みたいな流れのようです」
巻き添えというよりは自業自得か。三浦は父親が俳優の三浦浩一(60)、母親が女優の純アリス(61)という後ろ盾もあり、「セイザーX」や「仮面ライダーオーズ/OOO」(2010年、テレビ朝日系)、映画「るろうに剣心 京都大火編」(公開中)など、作品には恵まれている。
「音楽活動でもソロでCDデビューを果たしましたが、安室の影響を受けてか、アーティスト活動にシフトしたがり、方向性に悩んでいるという噂もあります」(先のリポーター)
安室が独立したら、所属タレント第1号?!

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング