刺身に潜む、恐るべきリスク

NewsCafe / 2014年9月27日 10時0分

写真

刺身に潜む、恐るべきリスク

日本人の誰しもが嗜む「お寿司」。旬にこだわり抜いた新鮮な寿司ダネを演出する職人の握りは、味は勿論のこと、口触りの細部にまで至り、その繊細さは、もはや”食の芸術”とでも言うべき素晴らしい食文化だ。洗練された食文化故に、日本人の性格を表す看板でもあり、海外からの要人をもてなす一級品として、お寿司はかけがえのないパートナーでもある。オバマ米大統領が4月に来日した際、ミシュランガイドで7年連続三ツ星を獲得している「銀座 すきやばし次郎」でもてなした「すし外交」は、日本の切り札と言っても過言ではなく、世界を繋ぐ日本文化の象徴ともいえる。だが先日、英国の新聞社で掲載された「SUSHI」に関する記事が、世界中に大きな波紋を投じ、日本の寿司が危機的状況に追い込まれている。

■医者も絶叫レベルのX線写真
中国の広東省に住む男性が、胃の痛みと身体に痒みを感じ、病院で診てもらった ところ、全身から寄生虫が発見されるというショッキングな結果を突きつけられた。体の部位の至る所に余すことなく寄生し、あと僅かで命を落としかけたところを病院に駆け込み一命を取り留めたとのこと。これほどの寄生虫に蝕まれた原因は、男性の好物「刺身」にあると記事ではこう説明する。
「寄生虫の卵や幼虫は生魚に由来しており、寿司などを食べることで人体に寄生する。感染すると数週間ほどで"15m"まで成長し、体内で何年にもわたって生き続ける。場合によっては腸管以外の場所にも移動し、卵を産み付け、最終的には肝臓、眼、心臓や脳などに移動し、その部位を食べることで生命を脅かす可能性がある。」

■あなたの身近でも…
続けざまに記事では、日本の生食する文化に警鐘を鳴らしていた。寄生虫症は今回の男性の様に、衛生状態の悪い国に多い疾患だが、近年は先進国でも増加しているそうで、日本の生鮮食品の一部も寄生虫により汚染されていると指摘している。実際に、東京都の報告によると、諸外国に比べてアニサキス(寄生虫)による消化器疾患が多く、年間500~1,000例の発生が確認されているという。中でも、サバやスルメイカ、鮭を含む淡水魚には特に注意が必要だとか。寄生虫は魚介類が生きているときは内臓に寄生しているが、水揚げされた後は筋肉(身の部分)に移動し、胃に運ぶころにはこぢんまりと隠れている可能性が高く、その見極めには細心の注意が必要だ。
この記事には、海外の人々もひどく動揺したようで、以下のコメントが寄せられていた。
・寿司は二度と食べない!
・俺が生の魚を食べない理由がこれだ。
・食べ物なんて他にも沢山あるのに、なんでわざわざ生の魚を食べる必要があるの?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング