せめてもの"ちっちゃな復讐"…約8割が「経験アリ」

NewsCafe / 2014年11月22日 12時0分

洋の東西を問わず"復讐譚"は人気ジャンルだ。モヤモヤした気持ちにさせられる復讐悲劇から、スカッとする勧善懲悪ものや敵討ちまで幅広く、名作は数多い。日本でも、「さるかに合戦」や「四谷怪談」など、"因果応報"を主題とした物語は幼い頃から刷り込まれる。最近では「やられたらやり返す、倍返しだ!!」なんてセリフが流行ったりもしたし、今頃の季節は「忠臣蔵」の放映を楽しみにしているという人も多いのではないだろうか。
どうにも理不尽な仕打ち、納得がいかない出来事…。誰にでも覚えはあるだろうが、物語のように目に物見せるのはなかなか難しい。NewsCafeのアリナシコーナーでは「ちっちゃな復讐をした経験、ありますか?」という調査が実施されたようだ。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…77.1%】
■小さい復讐ぐらいしなきゃストレス溜まるもん!
■ちっちゃいのならあるかも…ありそう(記憶曖昧)。
■大規模な復讐はできないから、ちっちゃい復讐で満足してます。
■密かに、少し気持ちが晴れる復讐は案外と難しい。
■言いたい放題の義母に、ささやかながら言い返してやった。
■なぜか私がうらんだ人全員が病気・ケガ・事故にあっている。
■でも、される(恨まれる)側になったらと思うとコワイなあ…。
■まだまだ復讐したい奴たくさんいる!
■小さいことから大きなことまで…しっかりと仇討ちしますよ!!
■同じ人に何度も意地悪されればその気持ちは出ますよ。

【ナシ…22.9%】
■同じ次元まで自分を貶めたくない! かわいそうな奴! と切り捨て!
■やったからと気が晴れる訳でなく虚しくなるだけ。
■そんな相手の事を考えるのも面倒だし、何も生まない。
■復讐って気持ちの良い事なのかな? 心の広い人間になりたいです。
■義母に復讐したいけど、今だに出来ていない…。
■そんな事を考えるなら一度の人生楽しまないと。
■後で仕返ししようとしても忘れちゃうんだよね。
■思ったことはあるけど正直何をしていいのかわからない。
■一度やり出すと止められなくなりそうだから。
■やるなら、シャレにならないくらいとことんやります!

何をもって"ちっちゃい"とするかは人それぞれの判断に委ねられるが…兎にも角にも【アリ派】が約8割の多数派となった。さて、その内容は、と寄せられた声を見ると「ごみ、タバコぽい捨てしてる近所の家にはお庭に返してあげてます」「お尻をそっと出して屁をひっかけ逃走しました!」「OL時代にハゲ専務のお茶に雑巾のしぼり汁を(笑)」「『僕アメリカンで』とホザくウザい上司に超うっすいコーヒーを入れた」「子供の頃ケンカした子の靴に小石を入れた」「無責任な元上司の不倫をご家庭に匿名でお知らせしました」「親の枕元に孵化しそうなカマキリの卵をおいてあげた」「やってるつもりはないが…何人かはこの世を去りました」…。うーん、カワイイ仕返しから笑えないレベルまで、実に様々。
また、一方の【ナシ派】にも「やるなら"とことん"。だからナシ」という怖ーい回答が含まれていた。"復讐"されそうな心当たりのある方は気をつけて…!

[文・能井丸鴻]

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング