日本エレキテル連合をいじめる芸人

NewsCafe / 2014年10月14日 17時0分

「ダメよ~ダメダメ!」で大ブレークしたお笑いコンビ・日本エレキテル連合。今年の流行語大賞候補も間違いなしと言われている2人にかみついた芸人がいるという…。人気へのやっかみ?
「タレントの友近(40)が『自分の十八番を取られた』と怒っているんです」というのは放送作家。
あのギャグの元が友近だってことなの?
「友近は『ピザ店員西尾一男』『女性専用車両の吉村昌男』などのオッサンネタを好んで演じていましたが、日本エレキテル連合もツッコミの中野聡子(30)が演じるエロオヤジ『細貝さん』のキャラが、メークも含めて自分とかぶっていると感じたんです」
えっ、全然かぶってないと思うけど?
「友近はオヤジキャラに名前を付けていますが、エレキの2人もキャラに名前を付けていることが真似だと激怒。また、彼女は実在のオヤジを詳細に観察してネタにしますが、エレキも偶然ファミレスで居合わせた男女をモデルにキャラを作っっています。その部分も模倣だと感じたわけです」
うーん、面白い一般人の言動をヒントにするのは芸人に限らず、表現者はみんなやっていることだろう。
「難癖をつけているのは、それだけではありません。友近が最近、テレビで日本エレキテル連合を見るたびに『あいさつがないけど、どういうことなん!』とブチ切れているようなんです」
八つ当たりだね…。
「エレキは、爆笑問題を擁するタイタン所属ですが、友近は吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。吉本は上下関係が厳しいだけに、後輩はあいさつに来て当然だという考えです」
ふーん…。
「ただ、友近にも計算があり、あいさつがないと激怒すれば、マスコミで話題になり、自分のPRになる。去年の6月、『女優の小雪(37)が楽屋で加湿器を盗んだ』と自身のライブで発言し、かなり話題になりました」
つまり、話題作りで激怒しているってこと?
「それもありでしょう。でも、一番の理由は自分より売れた後輩に対する嫉妬じゃないですかね」(先の作家)
友近、いくらキャリアが長いからって、後輩をいじめてはダメよ~、ダメダメ!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング