【ウラ芸能】Sexy Zone、3周年記念の暗雲

NewsCafe / 2014年10月30日 15時0分

デスク「ジャニーズ・Sexy Zoneがなんかまた問題あるの? ウチの奥さんと娘が激怒してたけど」

記者「そもそも、メンバーは中島健人(20)、菊池風磨(19)、佐藤勝利(17)、松島聡(16)、マリウス葉(14)の5人ユニットだったのに、今年7月、中島と菊池と佐藤がメーンの流動的ユニットになった時点でファンを混乱させました」

デスク「『AKB48とかEXILEじゃないんだからさー』みたいな感じで怒ってたぞ。いわゆるゲスいCDの売り方商法ってやつ?」

記者「CDを多く買った分、握手会などイベントに参加できるチャンスが増えるとか、特典を個々のメンバーと全体との組み合わせで変えるため、必然的に何種類かを買うハメになるとか…」

デスク「Sexy Zoneって、要は3人体制で再始動したってことだよね? 何が問題になってるの?」

記者「問題というか、奥さんと娘さんの怒り同様、評判が悪いのは11月19日に発売されるシングル『君にHITOMEBORE』でしょう」

デスク「中島主演の10月クールのドラマ『黒服物語』(テレビ朝日系)の主題歌だ」

記者「公式サイトを見ると一目瞭然なんですが、商法が複雑すぎるんです。CDはメーンの3人が歌ってるのに特典に松島とマリウスが入っていたり、ミュージックカードの組み合わせも多すぎ」

デスク「すべてそろえたいというファン心理をターガットにしたあくどい商法だな」

記者「そろえれば結構な金額になります」

デスク「やってくれるねぇ…」

記者「セット購入の特典として11月にメンバーとのハイタッチなどができるイベントの参加抽選をチラつかされては買うしかない。しかもなぜかミュージックカードがオリコンでCD売り上げとして計上されるという謎も疑問視されています」

デスク「なんか松島とマリウスが都合よく振り回されてる感じ?」

記者「振り回されてるのは松島とマリウスのファンの方ですね。イベントには2人が参加するため、2人が参加していない余計なCDを買わなくちゃいけないという…」

デスク「おっさんはついていけん!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング