日比谷公園での焼身自殺について考える

NewsCafe / 2014年11月12日 17時0分

11日午後7時ごろ、東京都千代田区の日比谷公園で男性が炎に包まれ、倒れているのが発見されました。通報を受けた警察官が見つけ、男性は病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。現場には自分に火をつける様子を写すためのビデオカメラと、安倍晋三総理大臣や衆参両院の議長あて、集団的自衛権に反対する抗議文が残されていたということです。

焼身自殺というと、今年の6月、JR新宿駅南口で集団的自衛権は憲法違反だとの訴えをしながら焼身自殺を図った男性がいたことを思い出します。この男性は病院に運ばれた結果、命は取り留めました。

未遂となった男性の続報は東京新聞(7月8日)に掲載されました。自殺未遂をしたのは、さいたま市の無職男性(63)で、歌人の与謝野晶子が日露戦争に従軍した弟を思って作ったとされる「君死にたまふことなかれ」の一部を朗読したあと、自殺を図ったということでした。

また朝日新聞(9月2日)も続報を伝えました。政治的なメッセージを訴えての自殺企図だったために、なんらかの背景があるように思われていました。5年ほど前まで新宿で雑誌拾いをしていたというホームレス仲間だったという男性が「彼の背広姿なんて見たことない。人間が変わったのかと思った」とのコメントが載っていました。社会や政治への不満も聞いたことがないということです。

この男性は、「反貧困ネットワーク埼玉」のメンバーを訪ねていました。一度、生活保護申請をしましたが、役所に追い返されたのです。その後、弁護士らが同行し交渉。申請が通ったのです。住まいもこのとき得たといいます。

男性はどうして6月に焼身自殺を図ったのでしょうか。まだその背景がわかっていません。40年ほど前に離婚し、親族も縁を切っているということで、孤立感があったのかもしれません。だとすれば、なぜ、政治的なメッセージも含めた自殺を図ったのでしょうか。

今回の男性の背景はまだわかっていません。

焼身自殺はなんらかの社会的なメッセージを伝えるといった手段に使われることがあります。中国共産党の圧政に対するチベット人僧侶の焼身自殺が相次いでいますが、私には、このイメージが強く残っています。

もちろん、焼身自殺があったからといって、政権の政策が変更されることはありません。仮に、変更されてしまった場合には、焼身自殺が政策変更の手段のひとつとして有効となってしまいます。いくら政策に反対だからといって、一人の行動によって変更されてしまうのなら、それもまた危険な政治文化を作り出してしまいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング