スーパーの特売品を値引き額よりさらに安く買う方法とは?

NewsCafe / 2014年12月1日 12時0分

写真

スーパーの特売品を値引き額よりさらに安く買う方法とは?

「本日限り、お茶ペットボトル2リットルが98円、たまご10個入り1パックが138円…」

日常の買い物に気を遣っている人ほど、「特売品」という言葉に弱い。合計してわずか数十円から数百円の差でも、積み重ねれば大きな金額になる。家計を守るためには見逃せない。

最近、その特売品を店頭価格よりさらに安く、お得に買う方法があるという。一体どういう方法だろうか?

■「特売+ポイント+クーポン」でさらにお得に

よくあることだが、クーポンや割引券は特売品に適用されないことがある。ところが、特売品である/ないに関わりなく、クーポンが適用されるサービスがある。それがクーポンアプリの「カタリナ」だ。

「カタリナ」は、大手スーパーのイオン、マックスバリュ、ピーコックストア、マルナカやゆめタウンなどで使えるクーポンサービス。10月末にはドラッグストアチェーンのツルハドラッグでも使えるようになった。

アプリ上に掲載された商品をタップして選ぶと、レジに並んだ時に電子マネーWAONで購入すれば、クーポンを店員に見せなくても自動的にポイントが還元される。1ポイントは1円と換算され、次回からの買い物に使える。

商品によってポイント数はさまざまだが、10ポイントから50ポイントが還元されることが多く、1ポイントは1円に相当。
WAONが使えるところであれば、ポイントはどこでも使える。
同様に、ツルハグループで買い物をすればツルハポイントに、ゆめタウンで買い物をすれば値引積立額としてポイントが還元される。

アプリに掲載されている商品は、ペットボトル飲料や食料品など、日常でよく購入するものが多く、毎日使うことで1か月分の日用品・食料品を上手に節約することができそうだ。

実際に、最近話題のとある乳酸菌飲料がとあるスーパーで通常価格132円(税込)で販売されていたとする。特売日に買い物に行ったところ、2割引の105円で販売されていた。一般の人は、特売価格の105円で買うだろう。

ここで「カタリナ」アプリにこの飲料の「20ポイント」クーポンが掲載されていると、ひとつ買うことで「20ポイント」、WAONで20円分が戻ってくる。特売価格105円からさらに20円値引き(=還元)され、85円として買うことができるのだ。

アプリには新しい商品が随時掲載されるので、思わぬ"掘り出し物"が見つかるかもしれない。「カタリナ」が、毎日の買い物をさらに楽しくしてくれるのではないだろうか。


NewsCafe

トピックスRSS

ランキング