【ウラ芸能】高倉健さん死去でトバッチリ受けた俳優

NewsCafe / 2014年11月20日 15時0分

デスク「健さんが亡くなったのは驚きだったなあ」

記者「映画俳優、高倉健さん(享年83)…その死は1週間も伏せられていただけに、さらに衝撃が広がりましたね」

デスク「生涯の映画出演作は約200本。テレビドラマにほとんど出演せず、生涯自らの肩書を『映画俳優』としていたのも伝説だったな」

記者「秘密主義者の健さんらしく、闘病中だということは最後まで伏せられました。それもあって、最近の様子について必死に情報を集めていますが、関係者の口は重く、取材が容易ではないんです」

デスク「共演した芸能人も何年も前に会ったのが最後っていうのがほとんどだったもんな。マスコミでも今の現役記者にはサシで会ったなんていうのはほとんどいないはずだ。オイラも取材申し込んでも断られた記憶しかないもんね…」

記者「そうした健さんの秘密主義的なこともあって、トバッチリを受けた俳優がいるんですよ」

デスク「どういうこと?」

記者「健さんが実際に亡くなった今月10日からほどなく、『超大物俳優が死んだらしい』という情報が業界に流れたんです。『健』がつく人物ということまで分かっていて…」

デスク「高倉以外で、健がつく俳優というと?」

記者「ショーケンこと萩原健一(64)ですよ。しかも、ショーケン本人に連絡がつかないため、『ショーケン死亡説』はしばらく流れてたんです」

デスク「へぇ~」

記者「いろいろ聞いて回ったら、どうやらショーケンのそっくりさんタレントが死んだらしい…ということになったんです」

デスク「実際はもっと世間を揺るがす大物だったわけね」

記者「とんだ勘違いならぬ健違いでした」

デスク「ハイハイ…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング