【ウラ芸能】渡辺直美、将来の生活大丈夫?

NewsCafe / 2014年11月25日 15時0分

記者「株も上がってるし、不動産も上がりそうだから、急いでマンション買ったほうがいいですかね。賃貸だと家賃の払いがもったいないような…」

デスク「まず頭金ためなきゃな。にしても安マンションはうんざりってか」

記者「ええ。お笑いタレントの渡辺直美(27)が『お笑いワイドショー マルコポロリ』(関西テレビ)で自身が住むマンションの家賃を告白したんですが、その金額に驚きましたよ」

デスク「そんな豪華マンションだってか」

記者「渡辺の家賃は53万円だそうです」

デスク「なーんだ、てっきり100万円くらいするのかと思ったよ」

記者「いやいや、ワンルーム5万円とかに住んでいる若者から見れば超高級じゃないですか」

デスク「最近はバラエティーで芸能人が年収や家賃を言わされるケースが増えてるよね」

記者「そうなんですよ。『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京系)ではお笑いコンビ・ピースの綾部祐二(36)が46万円、サバンナの高橋茂雄(38)が30万円と家賃を明かしていました。また、毒舌司会者の有吉弘行(40)は最近、家賃70万円の高級マンションに引っ越しました」

デスク「ほぉ…有吉クラスだとさすがにそこまで行くか。で、なんでそんなに高い家賃の物件に住むの?」

記者「お笑い芸人はバラエティーの現場ではいじられ、女優や文化人から軽蔑される役割分担でしょ。先輩芸人からは頭を叩かれたり、ひどい扱いを受けるから、どこかで優越感を持たないとやってられない…」

記者「それは分かるね」

記者「体張ってケガする仕事も多いし、街に出ると一般人までが後ろ指さしてバカにする。その反動なのか、お金のあるところを見せつけて傷ついた心を癒そうとする。だけど、派手になったらあとは地獄にまっしぐらです」

デスク「地獄ってどういう意味?」

記者「たいていは借金地獄ですね。人間って、生活レベルはなかなか落とせない。だから、売れなくなっても借金したり預金を崩しながら無理してゴージャスな生活を維持しようとする」

デスク「そんな生活はいずれ破綻するよ」

記者「たとえば長州小力(42)の家賃は27万円ですが、現在の月収は5万円だそうです。ブレーク時の貯金を削って家賃を支払っているので、破綻は目前です」

デスク「お笑い芸人の寿命って短いしな…」

記者「今売れている芸人も、10年後は9割以上消えているでしょう。テレビ局は安い若手を常に求めているので、ギャラが上がったら使い捨てです」

デスク「おい、お前も勘違いせずに安いところに住み続けろ。貧乏人にはそれが一番だ」

記者「ヘーイ…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング