【ウラ芸能】超大物俳優Xへのネガテイブキャンペーン?

NewsCafe / 2014年12月13日 15時0分

デスク「ベテラン俳優Xが、隠し撮り映像をネタに脅され続けてるって話が広まってるって?」

記者「いわゆる"実話"系の雑誌が名前を伏せて報じたものが、今ネット上で拡散していますね」

デスク「どういう話なんだ?」

記者「その俳優が、カンボジアで薬物をやりながら少女を相手にプレイし、しかも腕を折って恍惚の表情を浮かべた隠し撮り映像をネタに恐喝され、数千万円を支払ってきたとか…」

デスク「相手の腕を折るって、信じられない。その俳優って?」

記者「『包容力があって優しそうなイメージだが、本性はドS。あまりに危険なプレイなので業界ではトラブルメーカーとして知られている』って…」

デスク「それって…」

記者「はい、西田敏行(67)と見られていますが…」

デスク「前もそういう話は出てて、一種の都市伝説だろ。西田って激しいSMプレイ大好きっていうのが…」

記者「出禁をくらった店が多数あるだの、ホテルに女性を呼びつけて大金を出すから腕を折らせてと頼んだとか、怖すぎ。デスク指摘のとおり、都市伝説化したネガティブキャンペーンと見るべきでしょう」

デスク「オイラが若いころは女優の石田ゆり子(45)と石田ひかり(42)姉妹のネガティブ密告ネタが定期的に届いたな。今みたいにネットがなかったからFAXで…」

記者「そういえばうちにも、ジャニーズジュニアの名前で『ジャニー社長のセクハラが酷いのでマジで事務所を辞めたい』みたいな変なFAXが届いたこともありましたね」

デスク「西田に関しては確かに昔から風俗ライターが暴露ネタを出したり、乱暴された風俗店の娘が怒りの告発をした…なんてのがあったけど、大きいニュースにはならなかった」

記者「かつて週刊誌に『有名人の西○○行』と書かれたのは実はハードボイルド作家の故西村寿行(享年76)だったなんて話もあります」

デスク「ただ、オイラたちは常にヒョウタンからコマってことを考えておかないといけないぞ。歌手のASKA(56)みたいな展開にならないとも限らない。一応、さぐりは入れといてね」

記者「ヘーイ」

NewsCafe

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング