理想的な"結婚までの交際期間"アンケート…1位は「1年間」

NewsCafe / 2015年6月11日 12時0分

【4位】3年後(11.4%)
■3の節目、相手と自分の忍耐力がきちんと見える時だから。[女性/20代/その他]
■短期間じゃよくわからないのでは?[男性/40代/会社員]
■多分、ボロが出てくるころだろうと思うから。[男性/40代/その他]

【5位】半年(9.0%)
■自分は3年もかけてた。結果、嫁さん高齢出産になり苦労させてしまった。そんな事から。 [男性/40代/自営業]
■実際の経験です。うまくいきました。[男性/40代/公務員]
■義母が闘病中で主人側から「早く挙式したい」と。挨拶に行ったらすでに2カ月後の挙式日が決められていた。[女性/50代/会社員]

そして6位以下は【1週間(3.2%)】【3カ月(2.5%)】【1カ月(1.0%)】という結果に。

ほぼ4人にひとりが「1年後」と答える結果になっている。つまり、現在における晩婚化の流れは"結婚に至るまでの交際期間が長くなったため"ではなさそうだとわかる。とはいえ「4年付き合って結婚したけど結局離婚。早くても信じれる相手なら期間関係ないよ」「7年付き合って結婚し、3カ月で離婚したから、1年でも同じ」など、いわゆる"長い春"の失敗体験を反省してのコメントも少なくはなかった。
前述の話にしても、少ない数字であっても「35歳を過ぎて結婚した人」がゼロでないのは事実。こうした記事は都合上どうしても数字をあげつらうことになるが、コメントにもあるように、結婚は「縁と運とタイミング」ではないだろうか。

[文・能井丸鴻]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング