笑点、「座布団利権」に群がる落語家

NewsCafe / 2015年8月16日 16時0分

1966(昭和41)年にスタートし、来年50周年を迎える公開寄席番組「笑点」(日本テレビ系)。
その大喜利をまとめる司会者の座を巡り、笑えない「跡目争い」が起きているという。
「その理由は2006年から5代目司会者を務めてきた桂歌丸(78)の体調問題です」と語るのはスポーツ紙デスク。
腸閉塞で療養していた歌丸は先日、高座と「笑点」の収録にも復帰したばかりだが…。
「歌丸の体調は一進一退で、このまま司会を続けるのは無理です。だから、次期司会者の座を狙い、落語家たちが裏で根回し合戦ですよ。誰もが『座布団利権』を我がものにしたくてしょうがないんです」
そうなんだ?
「司会者はレギュラーメンバー選びにも、絶大な権力を持つことができる。もし次期司会者の後押しで無名の落語家が新レギュラーになれば、それだけで人生が変わります」
どう変わる?
「まずは年収が一気に数千万円になる。番組出演のギャラは大した額じゃないけど、『笑点』に出れば全国区の有名人になり、地方営業に引っ張りだこです。落語家が地方営業に呼ばれると、真打ちでもせいぜいギャラは10万円ですが、笑点のレギュラーなら1本50万円以上に跳ね上がる」
そんなにおいしいんだ?
「たとえば、2006年からメンバーに抜擢された春風亭昇太(55)は、昨年自宅を新築しました。2階に居酒屋風のスペースを設けた邸宅で、周囲からは『座布団御殿』と呼ばれています。笑点のレギュラーは落語家個人だけでなく、所属する団体にとっても大きな利権になる」
笑点ではいくつの団体が入ってる?
「歌丸、三遊亭小遊三(68)、昇太が所属する『落語芸術協会』、林家木久扇(77)、林家たい平(50)が籍を置く『落語協会』、6代目・三遊亭円楽(65)、三遊亭好楽(69)の『円楽一門会』の3団体で構成されています」
3つもあるとは、ねぇ。
「東京の落語界はこれに立川談志(享年75)が創始者の『立川流』を加えた4団体で成り立ちますが、『笑点』の初代司会者でもある談志が番組の方向性をめぐって制作サイドと喧嘩別れして以降、立川流からはメンバーが選出されていません」
それでで、次の司会者は誰がなりそう?
「歌丸を5代目司会者に指名したのは、先代の5代目・三遊亭円楽(享年76)。次の司会者も歌丸が指名するのが自然で、そうなると最もお気に入りの6代目・円楽が現在のところ最有力になる。円楽自身も司会に前向きで、やる気満々です」
じゃあ、ポスト歌丸は円楽で決まり?
「ところが、軽妙なトークが持ち味の小遊三を番組スタッフたちが一押ししています。小遊三は機転が利いて、円楽以上に面白い司会ぶりをしてくれると期待されているんです」(先のデスク)
歌丸の引退に向けて、水面下の戦いはどんどんエスカレートしているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング