田口淳之介、脱退めぐる感謝と嫌悪

NewsCafe / 2015年12月25日 16時0分

歌番組の生放送で、来春のグループ脱退と事務所退所を電撃発表したジャニーズ・KAT-TUNの田口淳之介(30)。
「ここにきて、本人をめぐるイジリで人間性の評価が分かれる人が目立っています」とはジャニーズウオッチャー。
詳細は?
「まずは先輩のV6・イノッチこと井ノ原快彦(39)。『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の生放送で、V6が後輩グループたちとメドレーする企画があったんですが、KAT-TUNとのコラボの時、井ノ原が突然、イントロの最中に『入口・出口・田口です』と、田口の持ちネタをブッこんだんです」
脱退発表以来、残されたメンバーはピリついた雰囲気であり、ファンも警戒と緊張の渦中にあるが、イノッチのブッコミに思わず吹き出した視聴者も多かったのでは?
「発表以来、グループの空気が変わったことは事実で、ファンも微妙な雰囲気を察知している中で、『脱退理由を明言すべき』と言い放った中丸雄一(32)はクスリと笑い、脱退を止められなかったと無念さを強く口にする亀梨和也(29)も、やや表情が緩みました」
脱退の話題に触れない方がいいだろうと、腫物に触るような態度のタレントも多いようだが、あえて爆弾ネタを笑いに変えるイノッチはさすがだ。
「KAT-TUNファンからは『神対応!』『笑顔にしてくれてありがとう!』と歓喜の声が多くあがりました」
ファンからの感謝といえば、亀梨が出演している「Going!Sports」(日本テレビ系)で司会を務める上田晋也(45)の対応も話題になった。
「はい。番組の最後に上田は亀梨に、田口の脱退について『避けては通れないので勇気をもって聞きます』と真面目な顔をして言ったかと思いきや『昨日の羽生(結弦)君、どうだった?』と、上田らしいボケで笑わせました」
上田の対応に感激したファンが感謝のハガキを送ったところ、上田はわざわざ直筆で返信したと聞く。
「返信されたファンがツイッターに文面をアップしたところ、ものすごい勢いで拡散。そこには『亀梨君も度々キツい思いをしている。だからこそファンの声援が励みになる。これからも応援してあげてね』と。決してキレイな字ではないんですが(笑)、感動しました」
KAT-TUNファンならずとも感激させる名司会者の神対応だ。では逆に評価を落としている人とは?
「クビになった田中聖(30)ですね。テレビ大阪の正月特番『わざわざ言うテレビ』の収録で、VTR出演したコメントが出回り、ヒンシュクをかっています」
田中は「度重なるルール違反」を理由に解雇され、現在はバンド活動をメーンに行っている。何と語ったのか?
「KAT-TUNを脱退した時の心境について『虚無感でいっぱいで、落ち込みすぎて死んでしまおうかと思ったぐらい』と。ネットでは『どの口が言う?』『自業自得なのに被害者ヅラ』『KAT-TUNを語るな』などと非難ごうごうです」(先のウオッチャー)
田口の脱退余波はまだまだ続きそうだ。

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング