"早めスタンバイ"派…「出社1時間前には職場近辺にいる」2割超

NewsCafe / 2016年3月16日 12時0分

写真

"早めスタンバイ"派…「出社1時間前には職場近辺にいる」2割超

国土交通省が5年ごとに行っている「大都市交通センサス調査」をご存知だろうか。三大都市圏における公共輸送機関の利用実態を調べて交通施策に活用する…という趣旨の調査なのだが、そのデータのなかに「一日の生活を行動別に分析」する項目がある。人の暮らしを「睡眠」「仕事・学業」「食事・家事・育児など」「通勤通学」「移動(通勤通学以外)」「買い物・趣味」の6つに分けて時間を調査しているのだが…。
直近の調査では10年前に比べ、三大都市圏すべてで「睡眠」「仕事・学業」が減少、代わりに「通勤通学」や「移動(通勤通学以外)」の時間が増えた、という結果が出ていた。働きすぎ…というよりも"働くために時間をかけすぎ"ということになるのだろうか。なんだか切ない話である。
そんななかNewsCafeのアリナシコーナーには、ユーザーから「出社一時間前には職場近辺にいる…アリかナシか」というテーマが寄せられたようだ。調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…23.4%】
■自転車通勤だからアクシデントに備えて早めに家出る。
■時間厳守。事故等で渋滞したり遅延したら大変だからね。
■病気があるため。
■ショッピングセンター勤務なのでプラブラしてから仕事に入ります。
■近くの喫茶店で珈琲たいむ。電車空いているのが最大のメリット。
■1時間前には職場近くでモーニング。
■30分以上前の出社はNGなので(残業申請)、近くでコーヒータイムです。
■そうあるべきだね?
■職場が近くなので年中(笑)。
■そんな日もある。

【ナシ…76.6%】
■そんなに早く!?
■一時間も前に何をしに(笑)? 掃除当番でも30分前が目安。
■ギリギリまで寝ているからない。
■常にギリギリ(笑)。早く着いた時は車内で時間調整したりします。
■キモい奴(笑)。
■新入社員の頃はそんな事もあったけど。
■会社愛(爆)。
■そんな無駄な事ができるか!!
■私は30分くらい前かな?
■すごいわ…働き過ぎないようにね。

結果は【ナシ派】優勢ではあるが、それでも4~5人にひとりは「出社時間の1時間前には職場近辺にいる」という数字だ。「社宅が近いもので…」「会社の近辺に住んでるから」という人もいないことはないが、最も多かったのは「職場近くでモーニング」「コーヒータイム」という声だった。有意義に過ごしているのならそれに越したことはないが、この場合、前述の調査の6分類でいうと「食事・家事・育児など」にカウントされるのだろうか。なんだか釈然としない。
先日の大雪の時、タレントの厚切りジェイソンが「大雪の時はテレワーク認められてほしいね。生産性のロスだ」とツイートして話題になっていた。"仕事のための時間"を増やすよりも、"仕事の時間"を増やす…実行できるかどうかは職種にもよるだろうが、心に留めたいものだ。

[文・能井丸鴻]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング