ジャニーズ、派閥解消占うイベント

NewsCafe / 2016年3月19日 16時0分

ジャニーズタレントが勢ぞろいするお楽しみ企画「ジャニーズ野球大会」が4月に東京ドームで開催される。
「4年ぶりの開催に歓喜の声が湧きあがっていますが、不安要素も見え隠れします」とはジャニーズウオッチャー。
スポーツをメーンとしたジャニーズイベントの中でも野球大会は、時にチャリティー企画としても実施される人気のプログラムだ。
その不安とは?
「出演メンバーの顔ぶれですね。年末のカウントダウンコンサート同様、『派閥解消』と喜ばれている一方で、やはり空中分解騒動に揺れたSMAPメンバーの名前がないことに、不安の声が急増しています」
今年は対戦2チームの監督が近藤真彦(51)と少年隊の東山紀之(49)。出場メンバーはV6・坂本昌行(44)、KinKi Kids・堂本光一(37)、タッキー&翼・今井翼(34)、嵐・二宮和也(32)、KAT-TUN・亀梨和也(30)ほか、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、Sexy Zoneから数名が参加する予定と聞く。
「Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、Sexy Zoneは、退任したSMAPのチーフマネージャー女史の担当だったので、部分的に見れば『派閥解消』と言われていますが、『やっぱりSMAPの出場はないのか』『関ジャニ∞はどうした?』『TOKIOは?』などとため息をつくファンも多いのです」
SMAPの空中分解騒動以来、家族経営の闇が暴露され、ブラック企業と言われるようになったジャニーズ事務所。
急遽、平日の開催が決まった感もあるだけに、イメージアップ作戦の一環と見る向きもある。
「だとしてもイベントそのものの開催は大歓迎されています。監督に近藤が出てくるあたり決起集会の匂いもします。ジュニアからの参加メンバーも随時、発表されていますが、チーフマネージャー女史の担当だった山下智久(30)の名前が出ていないのも気になります」
山下は昨年末のカウントダウンコンサートでは、名前が発表されなかったままサプライズ登場して会場を沸かせただけに、野球大会でも粋な演出を期待したいところだ。
「だといいんですがね。今のジャニーズに必要なのは明るい話題。野球大会は過去にSMAPからは中居正広(43)や香取慎吾(39)が参加していますし、今回も誰か1人でも参加してくれれば盛り上がるんですが…」(先のウオッチャー)
今年の野球大会は派閥問題を解消できるかどうかの判断材料になり得る。
くれぐれも昨年末のNHK「紅白」のように、「ジャニーズ事務所の長男・近藤」の接待イベントにならないことを祈るばかりだ。

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング