ジャニーズ老害女帝に引導を渡すのは誰?

NewsCafe / 2017年1月29日 8時0分

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)が作・演出を手掛けた舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」(東京・帝国劇場)が千秋楽を迎えた。

 「人気の若手アイドルをメーンに、日替わりのサプライズゲストも豪華だったことで話題になりましたが、千秋楽前日のゲストがファンの間で物議をかもしました」とはジャニーズウォッチャー。

 サプライズゲストは初日の東山紀之(50)を筆頭に、千秋楽はKinKi Kidsの堂本光一(38)ら。そして、千秋楽前日のゲストは嵐の松本潤(33)。

 松本は、本命の女優、井上真央(30)を裏切るような、セクシー女優との二股交際を週刊文春にバクロされた「渦中の人」だ。

 「いや、劇場の中では生の本人を見れば、そんなことはどうでもよくなるもの。ジュニアメンバー内のグループ、Love-tune(ラブ・トゥーン)を『ラブ・チューン』と堂々と間違えたことは笑い話として、笑えなかったのが、その日の観覧ゲストなんです」

 観覧…?
 「客席では近藤真彦(52)、黒柳徹子(83)、メリー喜多川副社長(90)がそろって見ていました」

 ネットでは3人の「目撃」情報と共に、メリー副社長の心労による入院説が出ていただけに、健在な姿に驚く声が飛び交っていた。

 松本が所属する嵐は、メリー副社長の実娘、藤島ジュリー景子副社長(50)の直轄だけに、松本がゲストの日を選んで観劇したのか?

 「たまたまだと思います。開演時間がちょっと遅れたんですが、今思えば、多忙な徹子サンがギリギリで観劇OKになって駆け付けたパターンかも」

 女優の故森光子さん(享年92)は必ずジャニーズの舞台を見に来ていたというが、仲良しだった黒柳もまたジャニーズとの付き合いが深い1人だ。

 「森さんの時はあらかじめ席が決まっていて、つきそいのタレントが必ずいましたが、今回は暇な近藤とメリーさんがその役目だったのでは。2階席で、席を移動させられていた人がいたので、たぶん、急遽の観劇なんだろうと思いました。もっともメリーさんの姿を見たアンチは、SMAP解散の原因に関わった老害扱いだけに、『夢の舞台を見た余韻が覚める』と激おこぷんぷんまる状態でした(笑)」(先のウオッチャー)

 高齢の黒柳は先日、トークバラエティー番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)で、芸能界引退への引導を渡す役目は近藤だと告白していたが、メリー副社長への引導を渡してくれる人はいる?!
NewsCafeゲイノウ

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング