小柳ルミ子、サッカー2000試合観戦は本当?

NewsCafe / 2017年7月21日 19時45分

記者「歌手、小柳ルミ子(65)が15日に行われたサッカー、浦和対ドルトムント戦中継(フジテレビ系)で解説者デビューしたのが評判ですね

デスク「年間2000試合以上を見ているっていう話は前から聞いてたけど、オイラは眉唾もんだって思ってたんだ」

記者「中継ではフジの西山喜久恵アナ(48)が実況し、サッカー経験のあるモデルでタレント、JOY(32)もゲスト出演していました」

デスク「とはいえ、小柳もJOYも副音声での出演だったから、あれを聞いた人は少ないと思うよ」

記者「デスクは聞いたんですか」

デスク「もちろん録画してチェックしたけど、ワーワーキャーキャー話すのかと思ったら、案外じっくりとプレーを見て、すごく的確な話をしてた」

記者「試合の展開をしっかり読み、ドルトムントの選手のプレーも把握してたとか。ヨーロッパ各国のプロリーグの試合を見てないとわからないようなことを披露してプロ出身のサッカー評論家も驚く知識と解説ぶりだったそうで…」

デスク「サッカー通で知られるつっちーこと、お笑いタレントの土田晃之(44)が別番組で『小柳さんは芸能界一サッカーに詳しい』と評していたのは本当のことだったね」

記者「なるほど…。小柳は番組の中でも『さんまさんと一緒にしないで』と言ったとか」

デスク「明石家さんま(62)はサッカー経験もあり、サッカー好きと言われるけど、小柳の10分の1も試合は見てないだろうな」

記者「にしても年に2000試合って…」

デスク「365日、毎日6試合近く見ないと達成できないよね」

記者「前後半で少なくとも90分、それだけで540分…1日に9時間以上かかりますよ」

デスク「移動中にタブレット端末とかでも見てるらしいけど、飛ばし見するにしても、見る勘所が分かってるんだろ」

記者「小柳のサッカー観戦歴は2002年の日韓W杯が以降だとか」

デスク「その段階でも50歳過ぎだ。それから15年見続けて仕事にも生かせるようになったんだね」

記者「僕なんか、あんなおばさん歌手が…っていうイメージですよ」

デスク「確かに、俳優、大澄賢也(51)と2000年に11年の結婚生活にピリオドを打ったときの騒動の記憶が今も彼女にはあるけど、もともとはすごく賢い女性だからな」

記者「宝塚出身ですもんね」

デスク「今後もテレビで解説に登場する仕事は増えるだろうけど、本業で目立たなくなるのは本人も痛しかゆしだろうよ」

記者「でも、何か得意分野があるっていうのは大事だと再認識しました」

デスク「お前も何か身に着けとけよ」

記者「デスクも…ですね!」

デスク「今からはムリっ!」
NewsCafeゲイノウ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング