TPD、ガールズグループ最速のZepp制覇と2ndシングルリリースを発表

dwango.jp news / 2014年8月30日 14時35分

東京パフォーマンスドールが、8月29日(金)、TSUTAYA O-EASTにて単独ライブツアーのファイナル公演を行った。

TPDが、ドール(人形)と人間の間を行き来する演出のもと、プロジェクションマッピングやLED、レーザーなどの多彩な最先端技術を駆使し、デビューシングル『BRAND NEW STORY』や、初代TPDの名曲『ダイヤモンドは傷つかない』『キスは少年を浪費する』(リアレンジバージョン)など全25曲を、圧巻のノンストップ・ライブパフォーマンス「ダンスサミット」で披露した。

中盤では『RUBY CHASE』『Shadow Dancer』『JUST LIKE MAGIC』など、グループ内ユニットやソロでパフォーマンスし、メンバー個々の新たな魅力あるステージを展開。更にこの日は、TPDの妹分であるTPD DASH!!が『ビバ!ケ・セラ・セラ』をサプライズで初披露した。

アンコールで、11月1日のZepp Namba(大阪)を皮切りに、名古屋、福岡、東京の全国4都市Zeppツアーを開催することが発表された。メジャーデビューよりわずか4カ月半での4都市Zeppツアーは、日本人ガールズグループとして史上最速となる。更に、同月26日のZeppツアーのファイナル公演日(Zepp DiverCity Tokyo)にあわせ、待望の2ndシングル『DREAM TRIGGER』を発売されることも分かった。

リーダーの高嶋菜七は「ここからが勝負!これからも高いハードルを乗り越えて、ファンの皆さんと一緒に大きな夢を勝ち取りたい」と力強く宣言した。9月21日より全国各地でCDリリースイベントが開催されるので、まだ新生TPDを見たことのない方は、是非その目で確かめてほしい。また、彼女たちのTVレギュラー番組「東京号泣教室 ~ROAD TO 2020~」(全国23局で放送中)のDVDが発売されたので、これまで見逃してきた方はぜひチェックしてほしい。2014年、進化し続けるTPDから目が離せない。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング