DEPAPEPE「野外ライブで晴れた」久々勝利宣言

dwango.jp news / 2014年9月2日 16時10分

世界ウェザー級タイトルマッチ DEPAPEPE 雨男 vs 野外が8/30(日)上野恩賜公園水上ステージで開催された。

世界ウェザー級タイトルマッチ DEPAPEPE 雨男 vs 野外とはDEPAPEPEが毎年恒例で行なっている野外ライブ。

実はDEPAPEPEと言えば、野外でライブを行うと雨が必ず降ると、周囲からは雨男と言われ続けており、過去の戦績はというと、晴れたのは一度だけ、その他の公演は雨が必ず降っておりDEPAPEPEにはそうとう分が悪い成績を残してきた。その汚名を返上すべく、Daiwa Sakura Aid presents DEPAPEPE 雨男 vs 野外 シリーズ 2014と題して今年も雨と勝負するライブがおこなわれた。

勝利の定義は、公演中に雨が降ると負け。開演前や終演後に雨が降ったとしてもそれは、関係しないルール。前週に行われた8/23京都国立博物館公演ではDEPAPEPEが登場し、ギターをポローンと鳴らすと空からはゴロゴロ雷が相づちを打つという負けっぷり。

8/30上野恩賜公園水上ステージでのリベンジが期待された。結果から言うと、今回ばかりはDEPAPEPEの大勝利!午前中に降っていた雨も午後からは晴れへと変わり、時折夏の日差しが差すといったすっかり夏空となった。

DEPAPEPE三浦はMCで「ついにやりました!今回は僕らの完全勝利ですよね」と勝利宣言をすると約1000人のオーディエンスは大いにわいた。DEPAPEPE徳岡は「いやいや、何があるかわからないのがDEPAPEPEのライブです」これにはオーディエンスも大爆笑、しかしながらアンコールの最後の最後まで1滴の雨も降らずのDEPAPEPEサイドの大勝利で全19曲(アンコール2曲)の幕をおろした。

dwango.jp news

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング