世界中で大ヒット「ポチャかわ歌姫」の激ポジ・アンセム日本上陸

dwango.jp news / 2014年9月10日 13時44分

<ポチャかわ歌姫>こと20歳の米新人シンガー・ソングライター、メーガン・トレイナーが歌うデビュー・シングル『オール・アバウト・ザット・ベース』が、今世界中で大ヒットとなっている。

一度聴いたら頭から離れないポップでキャッチーなこの楽曲は、「今のあなたのままでカンペキ!カラダのサイズなんて気にしなくて大丈夫よ!」と、すべての女の子たちにエールを送る激ポジティヴ・アンセムだ。

今年6月に全米でリリースされて以来またたく間に話題となり、現在アメリカだけでなく世界中で大ヒット街道を驀進中。アメリカiTunesシングル・チャートで1位を獲得すると、他25カ国のiTunesシングル・チャートでも1位、68カ国でトップ10入りを果たすなど勢いを増すばかり。またアメリカの最大手音楽ストリーミング配信サービス「スポティファイ」でも1位、音声楽曲検索アプリ「シャザム」でも1位と、今アメリカ中がこの『オール・アバウト・ザット・ベース』に夢中になっており、最新全米シングル・チャート(9/13付)でもチャート入り8週目にして2位に付け、楽曲の底力を見せつけている。

「子供のころ、大好きだった男の子に「痩せたらきっとかわいくなるよ」って言われて、ショックでその日はずっと泣きっぱなしだったわ。それから痩せようと思って食べるのを止めたんだけど・・・3時間ももたなかったわ!(笑)」と、子供の頃からぽっちゃりだったと語るメーガンは、現在20歳。ミュージシャンだった父親と伯父の影響を受け、7歳で曲を書き始め、まだ高校生だった頃に音楽出版社と契約を果たし、これまでもハンター・ヘイズやグラミー授賞歴のあるラスカル・フラッツといった大物アーティストにも楽曲を提供している実力派だ。

「最初に、「ごらんのとおり、私はちっともXSサイズじゃないわよ」っていう歌詞を思いついて、そこからこの曲ができあがっていったの。女の子って、どんな体形でもみんな何らかのコンプレックスを持っているでしょ?でもこの曲は「そのままのあなたを愛すればいいのよ」っていうメッセージを伝えているのよ。今はたくさんの女の子から「ありがとう」っていうメッセージが届くの。この曲のおかげで自分に自信が持てるようになったとか、拒食症がなおってきたとか、いろいろ嬉しいメッセージばかりで、本当に信じられないわ!」と、喜びに溢れ人懐っこい笑顔いっぱいでインタビューに答えるメーガン。

公開3カ月にして5600万回の試聴回数を超える『オール・アバウト・ザット・ベース』のミュージック・ビデオでも、その愛らしいポチャかわボディで、なんともキュートなダンスを披露しているので要チェックだ。

そんな今話題沸騰中の『オール・アバウト・ザット・ベース』が、いよいよ日本でも9/10より配信開始となる。また同時に、この楽曲を含む4曲を収録したメーガンのデビューEP『タイトル』も配信に。世界が今最も注目するこのユニークな歌姫の歌世界をぜひいち早く体験してみてほしい。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング