モーニング娘。'14が新曲『TIKI BUN』初披露!

dwango.jp news / 2014年9月14日 20時22分

モーニング娘。'14が誕生日記念ライブ「18年目もいきまっしょい!」にて新曲『TIKI BUN』を1500人のファンへ初披露した。

モーニング娘。'14が推し進めている、歌謡曲とEDMアレンジの究極系とも言える楽曲となり、バッキバキのエレクトロアレンジに切ないメロディーが乗る一曲。道重さゆみは振付の見所を「DJ風の振付の時の私たちのうつむき加減」だと説明。ファン目線、カメラ目線ではないのも珍しいとのこと。

この日のイベントでは新曲発表の後に、『One・Two・Three(updated)』『Help me!!(updated)』『君の代わりは居やしない』と(updated)バージョンが続いたことで、『TIKI BUN』からクラブ仕様な雰囲気。確実に進化しているダンスは凄みを増し、アイドルグループとしてトップを走るパフォーマンスは見るものを確実に魅了する。

MCを挟み、『The 摩天楼ショー』『ブレインストーミング(updated)』『わがまま 気のまま 愛のジョーク』と更にダンスの激しい楽曲へ!会場である品川ステラボールは縦揺れ状態!

ここで、壇上ではお祝いのケーキが運ばれ、大喜びするメンバー。そのまま、マスコミ取材を受け、どんな新メンバーが入ってきて欲しいかとの質問に、最年少の工藤遥は、自分が大人っぽく見えることから「末っ子感があるメンバーに入ってきてほしい」と話し、生田は「歌がうまくない子が入ってきてほしい」と独特の表現を。アイドルとして、モーニング娘。として成長していく姿を見せてほしいとのことだが、道重から「生田って入って何年目だっけ?出来ないままだよね」とツッコミが入る始末。また鈴木香音は太っている子が入って欲しいと無茶な要求を話し「同じグループにポッチャリが2人いるとあたらしい感じになる」と持論を唱えた。

そのまま、『時空を超え 宇宙を超え』『OK YEAH!』、そして最後は『What is LOVE?』を披露し記念すべき日を締めくくった。まだまだ進化を続けるモーニング娘。'14。今回のトリプルA面シングル残りの2曲である『シャバダバ ドゥ~/見返り美人』について道重さゆみが、「『シャバダバ ドゥ~』は、この曲はわたしのソロ曲で、入った当時は歌割りも全然なくてソロパートもなかったわたしがソロ曲を出せるということはすごくうれしくて、歌詞も本当にわたしにしか歌えないような歌詞なんですよ。12年間で皆さんとの思い出とかを伝えたいなというような歌詞をつんく♂さんが入れてくださっているので、12年間やってきて、つんく♂さんからのプレゼントだなと思っています。」と話し、飯窪春菜が「『見返り美人』は道重さん以外の9人で歌っているんですけど、ソロパートとかなく、全部最初から最後までオールユニゾンで歌っているんですよ。なので、メンバーみんなで心をひとつにして、道重さんを送り出す気持ちで歌っています。」と紹介をした。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング