メジャーデビューのJ☆Dee’Zにハーフ芸人がエール

dwango.jp news / 2014年9月25日 12時21分

9月24日にデビューイベントをイオンモール幕張新都心で行った、ダンス・ボーカル・モデルグループJ☆Dee’Z。

そのイベントに人気ハーフ芸人、デニスの植野行雄と、マテンロウのアントニーがMCでサプライズ登場し、メジャーデビューしたばかりのJ☆Dee’Zにエールを送った。会場に集まった子供から大人までのファンも大盛り上がり。ライブ前の会場が笑顔で包まれた。

J☆Dee’Zは2010年にダンス・モデルグループとして結成。2012年の「LOTTE×Sony Music 歌のあるガムプロジェクト」のメジャーデビューオーディション優勝をきっかけに、本格的にダンス・ボーカル・モデルグループとして、トレーニングと多くのライブを積み重ねてきた。

そして今週、『Beasty Girls/Let the music flow』の両A面シングルがリリースされ、会場で嬉し涙するファンにつられ、メンバーもついステージ上で泣いてしまう姿も。本格派ダンス・ボーカルグループとして、普段はキレキレのステージを見せるメンバーも、この時は、等身大の中学生らしさがみられた。

「デビュー前にも関わらず、フランスやアメリカに呼んで頂いたり、ポケモンのエンディングテーマをやらせて頂いたり、たくさんのダンスイベントに呼んで頂いたり、自分達の冠番組もやらせて頂いて。それ以外にも本当にたくさんの人達の支えと応援があって、私達はデビューというスタートに立つ事が出来ました。本当に有難うございます。感謝を忘れず、必ず恩返しします。」と、デビューの決意を語った。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング