アニメ「終わりのセラフ」制作スタッフを発表

dwango.jp news / 2014年9月26日 18時0分

原作:鏡貴也、漫画:山本ヤマト、コンテ構成:降矢大輔が描く「終わりのセラフ」。シリーズ累計180万部突破の大ヒット作の本作は、去る8月に集英社よりテレビアニメ化が発表された。

今回アニメーション制作を手掛ける制作スタジオと主要スタッフが発表された。

アニメーション制作は「進撃の巨人」「鬼灯の冷徹」と立て続けにヒットを連発し瞬く間に日本を代表するスタジオに昇りつめたWIT STUDIOが担当。監督には本作が初監督となる徳土大介、副監督に肥塚正史、シリーズ構成に瀬古浩司、キャラクターデザイン門脇 聡と、「進撃の巨人」で重要な役割を担当した若手スタッフが本作の制作に集結した。


(C)鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社

また「めだかボックス」を手掛けた品川宏樹が本作を彩る世界観、ビジュアルイメージのデザインを担当する。 アニメーションの新しい時代を切り開く「終わりのセラフ」に期待が高まる。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング