サイコ・ル・シェイムが電撃復活の裏側を語る

dwango.jp news / 2014年10月7日 18時0分

1999年5月にサイコ・ル・シェイムは、姫路にて誕生。2002年10月には、シングル『愛の唄』を発売し、メジャーへ進出。

バンドは2006年に活動を休止。2009年に、結成10周年を記念したツアーを行ったが、それから再び彼らは沈黙を続けてきた。そして今年、デビュー日である10月2日に、サイコ・ル・シェイムは「ニコニコ生放送」を通し「復活!!」を宣言。「Psycho le Cemu 15th Anniversary Live TOKYO PARALLEL WORLD」と題し、「~はじまりの奇跡~」(2015/2/11(水・祝)豊洲PIT)/「~想い出の時へ~」(2015/2/14(土) Zepp DiverCity Tokyo)/「~あの場所を夢見て~」 82015/2/15(日) Zepp DiverCity Tokyo」と3本のライブを行うことを発表した。折しも今年は、結成15周年。彼らが、どんな想いを持って活動再開へ至ったのか?その胸の内を5人に聞いた。

―今年、サイコ・ル・シェイムは'結成15周年'を迎えました。と言っても、人前へ姿を現したのは、5年前に「結成10周年」を記念し行ったライブ・ツアーが最後。2006年に活動を休止していますから、約8年間は、ほぼ姿を現すことはありませんでした。今年は、新たに活動の狼煙を上げるうえでも最適のタイミング。それもあっての'復活'だと想像しますが、具体的な活動再開の話を始めたのは?

seek
このメンバーは地元も一緒であれば、いろんな経験を共に歩んできた仲間たちです。それくらい深い関係なんで、サイコ・ル・シェイムを一度活動休止させて以降も、当たり前のようご飯を食べに行ったりなど頻繁には会っていました。なので、「タイミングさえあえば、また一緒にやれたらいいね」という話は、当たり前のようにしてたというか…。

Lida
メンバーだけに限らず、当時関わってくださっていたスタッフさんらともしょっちゅう会ってたし、会えば「あれから何年経ったね」みたいな会話は当たり前のようにしていました。だから今回の15周年という数字も、そういう会話の中、当たり前に耳していた言葉でしたからね。

seek
ただし、サイコ・ル・シェイムの活動休止後、みんなバンド活動をしています。各々が「今の活動を一番中心に置きたい」という意志もみんなわかっていた。なので、「いつかまた一緒にやりたい」という話は出ながらも、なかなかその先へ進めるきっかけが無かった。そんな中、やはり「15周年」という具体的なキーワードが出てきたのは、各メンバーの背中を押していく大きなきっかけにはなったことでした。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング