「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」にクリィミーマミ太田貴子登場

dwango.jp news / 2014年10月30日 19時37分

「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」が「tatsumi01/ニコニコミュニティ」へ引っ越し。毎月第二水曜日21時からの放送となった。

この番組は、「故きを温ねて、新しきを知る=温故知新」の意味通り、「当時のエピソードを混じえながら、古き良き時代のアニメやゲームのことを語ろう」という番組。今回から、放送チャンネルを「tatsumi01/ニコニコミュニティ」へ引っ越し、毎月第二水曜日21時からの1時間番組として放送がスタート。

第7回目となった10月8日(水)の放送には、「魔法の天使クリィミーマミ」のクリィミーマミ/森沢優を演じ、主題歌『デリケートに好きして』も担当。歌手/声優の太田貴子がゲストで登場した。

「アニタメニュース」では、11月8日(土)に吉祥寺スターパインズカフェにて二部構成で開催になる「たつみぜろわん祭り」の告知などを紹介。新たに設置された「辰巳出版コーナー」では、パーソナリティの3人が、それぞれ「今月のおすすめの1冊」を紹介。今回は初回ということで、数多くの本や雑誌を取り上げていた。

川村万梨阿が、猫好きにはたまらない「猫びより」「猫と歩けば」「ボブという名のストリート・キャット」を推薦すれば。宮路一昭は「パチスロ必勝本」「つり情報」と、仕事と趣味の両方を兼ねた本を紹介。鎌田美沙紀は、絵本「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」「ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア」など、沢山の本や雑誌を紹介していました。「日本秘境交通マボロシ紀行」本には、川村万梨阿と宮路一昭が大熱狂していたこともお伝えしておく。

ゲストに招き入れた太田貴子。自己紹介で,♪パンプル ピンプル パムホップン♪といきなり魔法の呪文を唱えながら登場。番組内では『BIN・KANルージュ』を流してくれた。

太田貴子と言えば、「スター誕生!」をきっかけに15歳でデビューした'元祖制服声優アイドル'。代表作は、誰もが知る「魔法の天使クリィミーマミ」。

川村万梨阿が、「魔法の天使クリィミーマミ」に登場したシンデレラを演じ現場でニアミスしていたことを、太田貴子さんの前で告白。番組中、太田貴子さんのリクエストから、川村万梨阿が魔女の声を披露する場面も。

2人とも、声優でありながら歌手。それぞれの歌うときのポリシーについて、「わたしは歌詞の世界を大事にしています」(太田貴子)。「一番から最後まで一気に歌いきること」(川村万梨阿)と答えた。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング