MACO新ビジュアル解禁、リリースイベントも決定

dwango.jp news / 2014年10月31日 13時14分

シンガー・ソングライターMACO。23歳の想いを綴った等身大の歌詞と透き通るようなピュアヴォイスが支持されている。

デビューミニアルバム『23』にはフジテレビ系「テラスハウス」のオープニングテーマとしても人気を博したテイラー・スウィフトの名曲「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~We Are Never Ever Getting Back Together」やアリアナ・グランデ『Baby I』の日本語詞カバー、人気のオリジナル楽曲『ありがとう』などが収録されている。

『23』のデラックス・エディション『23 plus』の曲目が解禁となった。追加される楽曲は、SPICY CHOCOLATEのスマッシュヒット『うれし涙 feat. シェネル & MACO』のセルフカバー、さらに待望の新曲『夢のなか』と『存在』、そして配信・レンタル・通販限定でしか手に入らなかった伝説のインディー盤『22』のすべての収録曲。全19曲、CDの最長収録時間ギリギリの79分40秒の超大作にして、期間限定で税抜価格2315円という超お買い得プライス。今年のMACO、いまのMACOの全てがつまった超豪華盤が誕生した。

ファン待望の新曲『夢のなか』がYouTubeで公開され、早くもSNSを中心とし、大きな話題が広まり始めている。

また、本作のリリースを記念したスペシャルイベントも続々決定!既に発表されている11月30日(日)の西宮ガーデンズに加え、11月25日(火)には池袋サンシャインシティ噴水広場にて、11月29日(土)は越谷にあるイオンレイクタウンでの開催が発表となった。イベントの内容は追ってオフィシャルサイトにて発表とのことで、乞うご期待。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング