VAMPS 65000人動員ツアーをスタート

dwango.jp news / 2014年11月1日 23時8分

VAMPSがツアー「VAMPS LIVE 2014-2015」を11月1日(土)ZEPP FUKUOKAを皮切りにスタートさせた。

同一会場に長期滞在する籠城型ライヴとしてシーンに“画期的+革新的”として知られるこのツアー。2013年9月のZEPP SAPPORO以来、実に1年振りとなる初日の公演となっただけに、待ちに待ったファンの熱気とボルテージが開演前から異様なほどに高まるなか、VAMPS恒例の「666」を表す「19:06」から開演となった。1曲目に披露した『ZERO』をはじめ最新シングル『VAMPIRE'S LOVE』などニュー・アルバム『BLOODSUCKERS』からの楽曲と『LOVE ADDICT』『SEX BLOOD ROCK N' ROLL』などおなじみの楽曲がバランスよく選曲され、バラエティに富んだセットリストが披露された。HYDEは「新しい曲は新鮮ですね。ドキドキするね。」、K.A.Zは「ようやくCD発売になりました。一生懸命がんばってようやくできました。こうやってまたツアーをするためにがんばって作りました。そんな初日が福岡です。これからもよろしく。」とコメント、福岡ファンを喜ばせた。また、HYDEは、昨日がハロウィンで繁華街中洲も盛り上がっていたことにふれ、「そういう気分が抜けない人のために」と『HALLOWEEN PARTY』をVAMPSツアーとして初披露、会場が大合唱となる素敵なサプライズが巻き起こった。初日は全19曲、2時間、瞬く間に終了となったこの「VAMPS LIVE 2014 - 2015」は、追加公演を含め全33公演、65,000人を動員する予定だ。(Photo Credit/岡田 貴之)

dwango.jp news

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング