DJ KOOが金の卵たちに熱いエール、GEMやlolも応援

dwango.jp news / 2014年11月9日 18時21分

8日、DJ KOOがエイベックス主催のキッズ・ジュニアの総合エンタメコンテスト「キラチャレ2014」の決勝大会特別プレゼンターを務め、ここ最近のバラエティ番組出演時とは、また違った顔を見せた。

8~10月に全国8か所のイオンモールで行われた予選では、「キッズ・ジュニアたちの強い意志を間近で見て感じたい」という思いから、DJ KOO自らの意思で会場に駆けつけるなど、キッズ・ジュニアのチャレンジを全面に応援するという一面も見せた。

DJ KOO「今日は参加者の皆さんと同じ気持ちでドキドキしながら、応援させて頂きました。(これから結果発表ですが)親御さんは、自分の子どもが絶対に1番だと思っていて、これからもそう思い続けてくれます。応援してくれる親御さんがいてこそ成り立つ子どもたちのチャレンジだと思います。僕はもちろん、エイベックスをはじめとした関係各社の皆様も応援し続けますので、よろしくお願いします!」と、決勝大会では参加したキッズ・ジュニアたちへ、またその親たちへのアツい想いが語られた。

「キラチャレ」とは「チャレンジすること。それが大事。」を合言葉に、「モデル」「ダンス」「歌」「エンタメなんでも(楽器演奏、お笑い、大道芸など)」の4部門で構成されている、3歳~中学生までの男女募集対象のコンテスト。8回目を迎える今年度は、過去最多の3,612人のエントリーがあり、全国8会場のイオンモールで予選大会を実施した。

決勝大会には、予選を勝ち抜いた123組/217名の未来のスターとなるキッズ・ジュニアたち(モデル:69名、歌:19名、エンタメ6組、ダンス28組)が参加し、入賞を目指してモデルウォーキングや、歌唱・ダンスなど全国大会と決勝にふさわしいハイレベルなパフォーマンスを繰り広げた。

グランプリ受賞者にはエイベックスによるデビューに向けたバックアップ、入賞者にはニコ☆プチ専属モデルとしての活動や、デ☆ビューへの単独インタビュー掲載をはじめとした、数多くの特典が用意され、モデル部門グランプに井上綾花さん、歌部門グランプリに永塚茉紘さん、エンタメなんでも部門グランプリにNavy pop、ダンス部門グランプリにちびーずfrom花鳥風月(キッズ)、H sister(ジュニア)が選ばれた。各グランプリ受賞者には特別プレゼンターのDJ KOOや特別審査員を務めた大石参月(モデル部門)、miyake from mihimaru GT(歌部門)より賛辞が送られた。

過去キラチャレからは、今年度のオフィシャルサポーターであり、集英社「Seventeen」専属モデル、女優として活躍中の「飯豊まりえ」や武道館公演も成功させているガールズグループ「東京女子流」のメンバー3人(山邊未夢、中江友梨、小西彩乃)等が輩出されている。

決勝の会場には、ゲストとしてオフィシャルサポーターのGEMをはじめとし、キラチャレ出身メンバーのいるPrizmmy☆やlol(エルオーエル)が最高のパフォーマンスを披露し、参加者のキッズ・ジュニアたちをはじめ観客からの声援に応えた。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング