Dream5、笑顔あふれる5周年アニバーサリーライブ大成功

dwango.jp news / 2014年11月10日 23時23分

デビュー日の11/4に発表されたオリコン週間ランキング(11/10付)で「フィンガー5」以来、男女10代グループで40年10ヶ月ぶりに1位を獲得した注目の男女5人組グループ、Dream5の5周年ライブが11/9(日)にZepp Divercity(TOKYO)で行われた。

サプライズで観客が待つフロアの会場の扉から登場したメンバーにボルテージが上がる中、デビュー曲の『I don't obey~僕らのプライド~』からライブはスタート。

その後メンバー本人たちが企画した小芝居映像パートと連動したカバー曲とメドレー曲で会場の笑いを誘いつつ、デビュー当時のメンバーの懐かしい映像と共に重本ことりと日比美思の2人がNHK教育「天才てれびくんMAX」の音楽コーナー「MTK」の『Sing for you』、5人全員でオーディション最終審査の課題曲だった『冬のアゲハ』を歌唱。

MCをはさんで「妖怪ウォッチ」パートに入り、『ようかい体操第一』『ダン・ダン ドゥビ・ズバー!』の2曲をイベントに駆けつけたジバニャンとブリー隊長と一緒に披露すると、会場は再び一つに。

初披露となった『Our Days』から『タビダチノウタ』でしっとりと聴かせた後ドリ5のライブ恒例のTRFのカバー『EZ DO DANCE』から始まるダンスパートへ突入。

その後アンコールで『シェキメキ!』などのシングル曲を披露し、カバー曲・アンコールを含め全24曲を笑顔で全力パフォーマンス。ラストナンバーの『シュンカシュウトウ』では客席を巻き込んでのフィナーレを迎えた。

5周年を越え、6年目に入りパフォーマーとして、エンターテイナーとして新たな一歩を踏み出したDream5からライブを終えて、コメントが届いた。

【重本ことりコメント】
「Dream5 5th Anivarsarry live、ありがとうございました!11/4に5周年を迎えた私達Dream5ですが、今日はそれを記念すべく、Zepp DiverCity TOKYOでワンマンライブでした。5年前はZeppでライブ、なんて考えてもみなかったです。いつだって前に進むためにメンバー5人で歩いてきました。それはこれからも変わりませんが、悩んだときは少し立ち止まって、後ろを振り返るとそこには、いつも応援してくださる皆さんがいてくれたから、こうして5周年を無事に迎えることができました。皆さんのおかげで5周年ライブを終えられた今日からは、6周年に向かってまた私達と一緒に歩いていただけたら嬉しいです!これからも、Dream5をよろしくお願いします!」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング