AKBグループ各地でサプライズを連発

dwango.jp news / 2014年11月19日 0時13分

2014年11月18日(火)AKB48、SKE48、HKT48の3グループが同日AKB48チームA@東京(中 野)、SKE48チームS@愛知(豊橋)、HKT48@福岡(福岡)にて行い、3元同時生中継にて『大声ダイヤモンド』を披露した。

それぞれの会場がモニターに映るとファンの歓声も相互に広がり、他の会場にいる兼任メンバーがモニ ターに映ると会場からは声援が上がった。そんな中、渡辺美優紀はしっかり自身のシングル曲(じゃんけんシングル /12月24日発売『優しくするよりキスをして』)の宣伝をして会場を沸かせた。

AKB48は、2日間にわたり中野サンプラザで行われたチームA全国ツアー2日目。アンコール明けにサプライズで入山杏奈が登場し『永遠より続くように』を披露。メンバーもステージ上に集まり、高橋や川栄と笑顔で肩を寄せ合った。そして、たかみなの合図でメンバーと会場が一体となり「おかえりー!」の大合唱。「あんにん」コールが巻き起こる中、入山は「久しぶりに歌を歌って変な気持ちです。でも出ることを言ってなかったのに、うちわやタオルを持ってくださっている方がいて、本当にうれしいです。」とファンの皆様に今の気持ちを伝えた。

入山は8月の東京ドーム以来、ステージでのパフォーマンスは約3か月ぶり。高橋チームAメンバーとしての全国ツアーには初参加。

SKE48は、待望の全国ツアーが、地元愛知県で幕開け!劇場公演デビュー6周年記念公演で発表され、メンバーも喜びのあまり涙を流した待望の全国ツアーがいよいよ スタート。記念すべき初日は、チームSが地元・愛知県豊橋。1曲目は『Escape』。東李苑が狂おしく奏でるキーボード演奏に導かれるように、SKE48のグループアイデンティティーである激しく高難度なダンスパフォーマンスが繰り広げられ、幕開けから会場を熱気に包んだ。

メンバーも積極的に意見を出し合い決めた、この日の為のセットリストには、いつもの公演やコンサートではない演出がそこかしこに散りばめられた。

『ウィンブルドンに連れて行って』では、1期生4人が曲に合わせて学園ドラマを展開。恋のキューピッドの大矢真那が見守る中、テニス部のイケメン男子“中西こり君(中西優香)”に女子高生の佐藤実絵子と松井珠理奈が愛の告白をしたが、珠理奈の恋が成就する結果となりフラれた28歳の女子高生の実絵子が笑いを誘った。

『わがままな流れ星』では、珠理奈が出だしを歌ったもののパートナーがステージに現れず…。困惑し「一緒に歌ってくれるひと-!」と呼び込むと、登場したのはチームEの松井玲奈。ツアー初日の為、駆けつけた玲奈に大きな歓声が巻き起こり、玲奈も「裏で観ていて勢いを感じた。早く出たい!って(思った)」と、ツアー初日に興奮気味の様子だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング