注目の17歳 前島亜美とは?

dwango.jp news / 2014年11月22日 23時15分

SUPER☆GiRLSのエース“前島亜美”が、本日11月22日(土)17歳の誕生日を迎えた。

17歳生誕を記念して、自身初となるソロイベント「 前島亜美 presents 17th 生誕祭 ~Starting Line~」を青山DDDにて行った。

演劇あり、歌唱あり、トークありと、全て1人で約80分間のイベントを行い、普段のSUPER☆GiRLSの“あみた”ではなく、1人の“前島亜美”として、いつもと違う一面を覗かせた。1人演技は“17歳の葛藤と旅立ち”をテーマに描かれており、少女が大人になっていく中で感じる葛藤と、未来への決意を、笑あり涙ありで演じた。ナレーションにSUPER☆GiRLSのメンバーである田中美麗や、また大人気声優である“浪川大輔”も参加し、豪華な作品が出来上がった。

前島亜美は自身のことを「自他ともに認める変人」と評し、「自分に自信がなく、自身を受け入れられない時もあったんですけど、17歳はありのままの自分を受け容れて、未来に希望をもって頑張っていきたいと思います!そんな気持ちを込めて、このお芝居に挑戦しました」と話した。またこの日はソロイベントということで、YUIの『CHE.R.RY』や、絢香の『おかえり』など他のアーティストの楽曲を披露した。

初めてお客さんの前で、SUPER☆GiRLS以外の楽曲を披露するとあって、緊張の面持ちではあったが心のこもった優しい歌声で見事に歌い上げた。途中、会場一面がピンクのバラの花になったりとファンからのサプライズも盛り沢山。そしてイベントの終盤、ファンが突然「ちょっと待ったー!!」と立ち上がり、ハッピーバースデーの曲と共にケーキが登場。前島も、多くのサプライズに感動し涙を流した。最後に前島は、「SUPER☆GiRLSになったのが12歳の時で、今日17歳になりました。ずっと活動していく中で、自分には向いていないんじゃないかと悩んだこともあったんですけど、そういう時に、ファンの皆さんにお会いして、支えて頂いているのを実感して皆さんに恩返しをする為に頑張ろうと思うようになりました。今日は改めてファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思ったし、17歳のスタートラインに立って、これからももっともっと頑張ろうと心から思いました!」と涙ながらに語った。SUPER☆GiRLSは2010年に結成し、今年12月22日でメジャーデビュー5周年を迎える。前島亜美は、SUPER☆GiRLS結成当時11歳、小学6年生であった。それから5年間、多くの経験を積んだ。SUPER☆GiRLSとしてライブやイベントも数多く行い、2013年には日本武道館のステージにも立った。「超絶☆歌劇団」と銘打って、SUPER☆GiRLSが所属するエイベックス初のアイドル専門レーベルであるiDOL Streetで演技にも挑戦してきた。個人では、ドラマ出演や写真集発売なども経験し、来年2015年春には「デスノート The Musical」にも出演することが決定している。着実に、1歩ずつ前進し進化を遂げている前島亜美。更なる飛躍から目が離せない。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング