「SuGフェス」異ジャンル対バンで熱狂

dwango.jp news / 2014年11月23日 10時41分

11月19日待望のニューシングル『CRY OUT』をリリースしたSuG。

21日(金)に渋谷クラブクアトロにて、0.8秒と衝撃、バンドじゃないもん、jealkbとの異ジャンル対バンイベント「SuGフェス -2014冬-」を開催した。

オープニングを飾ったのは0.8秒と衝撃。武瑠のサイドプロジェクト“浮気者”で楽曲提供をした経緯等に触れると、0.8秒と衝撃。のスタジオに武瑠が行って作業したという裏話を話す場面も。武瑠からのリクエスト曲だという『ARSHIMA MACHINE GUN///』などアグレッシブなハチゲキ独自のロックを全6曲を披露。

続けて紅一点、バンドじゃないもんが登場。メンバーである鈴姫みさ子は前回のSuGフェスでは神聖かまってちゃんで出演したのに続き、今回はバンドじゃないもん!で出演。「バンドもアイドルも関係ない!カオスな人たちがごった煮!」と今回のフェスを象徴する発言もあり、「雪振る夜にキスをして」ではミラーボールの下でファ ンがまわる光景も。他の男性バンドにパフォーマンスで会場を圧倒した。

jealkbが登場。いきなりMCからライブがスタートするjealkbらしいスタイルで、振り付けをレクチャーしながらのライブ、会場も大盛り上がり。「ヒット曲がないので“ヒット曲”という曲を作りました。」と話した『ヒット曲』など全6曲を披露し、会場を笑いと熱狂に包んだ。

最後、今回の首謀者であるSuGが登場。ニューシングル『CRY OUT』からライブがスタートするアッパーな名曲のみのセットリストで約40分ノンストップで熱量の高いライブを披露。

『Rolling』では各アーティストのファンがごちゃ混ぜになるモッシュがフロア内で起こる珍しい光景も。

またMC武瑠が「最近インタビューで話をしていたのですが、色んなコンテンツがある中で、ライブに行く人は、その時点で既にオタクだという話 がありました。だから、ここにいる皆は最高にかっこいいオタクです!」と話す場面も。

新たなステージへとステップアップを遂げている彼ららしい「新生SuGでした!」という言葉で本編を締めくくった。さらにアンコールに登場すると『B.A.B.Y.』を披露し会場全体がジャンプ。各アーティストのファン同士が一体となった一夜になった。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング