道重さゆみモーニング娘。卒業は笑顔

dwango.jp news / 2014年11月26日 21時37分

モーニング娘。’14道重さゆみがついに卒業をした。

「モーニング娘。’14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE ~道重さゆみ卒業記念スペシャル~」が開催され、道重さゆみの卒業を見守るために超満員のファンが駆けつけた。

オープニングアクトをスマイレージ・Juice=Juiceが務め、つんく♂、飯田圭織、保田圭、石川梨華、高橋愛、小川麻琴、新垣里沙、久住小春、亀井絵里、里田まい、田中将大、真野恵里菜、藤本美貴、Berryz工房、℃-ute、が駆けつけた。

LIVEでは、モーニング娘。、モーニング娘。’14の代表曲を熱唱!途中、OGの中澤裕子、田中れいな、そして道重さゆみからハロプロリーダーを受け継ぐ矢島舞美が駆けつけ、中澤裕子から「今日は一段とかわいい」と言われると「可愛さのピークを今日に合わせてきたので」と道重節を披露。親友である田中れいなからは、前日に長文の「良いメール」が来て、「あのれいなが?」と思ってびっくりしたというエピソードで笑いをとる。

LIVEは道重さゆみの代表曲でありCDデビュー曲の『シャボン玉』では会場が割れんばかりの大歓声に包まれ、縦に横に揺れた。アンコールでの『見返り美人』では、和服姿で登場をした道重さゆみ。後輩たちの気持ちのこもった熱唱で披露。そして、各メンバーが道重さゆみへの感動的な言葉を掛ける中、会場のファンからは泣く姿が見受けられた。

最後は、道重からメンバーへファンへ宛てた手紙が送られ、気持ちのこもったメッセージを発表。そして、道重さゆみが思い入れのある『赤いフリージア/メロン記念日』を歌い、『歩いてる』最後は『Happy大作戦』で道重さゆみのモーニング娘。人生は終了した。

近年のモーニング娘。復活における最大の立役者である道重さゆみは今日で卒業をした。これから、道重さゆみの意思を受け継ぎ、残ったメンバーたちがどこまで進化させられるのか楽しみだ。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング