ALI PROJECT、秋の「流行世界感染TOUR」を映像化

dwango.jp news / 2014年11月28日 12時0分

世界に誇るJapaneseサブカルチャーのビッグネームとして君臨し、現代アート・ミュージックを自負する、宝野アリカ(作詞&ボーカル)と片倉三起也(作曲)のユニットALI PROJECT。

そんなALI PROJECTがメジャーデビュー22周年を迎えた今年2014年、話題の最新オリジナルアルバム『流行世界』を引っさげて実施した、東京・名古屋・大阪・福岡の全国4ヶ所のLIVE TOURの中から、ツアーファイナル東京・中野サンプラザのコンサートを余すところなく全曲収録。

いつもの超絶技巧ヴァイオリニストに加え、アリプロではお馴染みとなった“妖艶なドラァグ”たちを従えた圧巻のステージ。怪しく華やかなアリプロ流“流行世界”が拡散、炸裂するDVD。初回プレス盤のみスペシャルスリーブケース付きの仕様で、アリプロからの最高なクリスマスプレゼントだ。

また早くも1月21日にはニューアルバムのリリースを発表。ファン待望の4年ぶりとなる“ストリングス+ヴォーカル”アルバムで、タイトルは『Violetta Operetta』。更に同アルバムのレコ発となる、一夜限りのオーケストラでのコンサート「月光ソワレⅧ」も東京渋谷オーチャードホールにて1月25日で開催が決定した。

宝野アリカからのコメント
TOUR最終日から3ヶ月、つい昨日のことのような、遠い昔のことのような。でももうLIVE DVDが出ます!会場にいらした方もいなかった方も、ALI PROJECTの最新コンサートをこれで体験してください。次にお会いするのは来年1月25日の「月光ソワレⅧ」オーチャードホール。それまで寒い冬を美的感染(←ルビ:ビューティフル・パンデミック)したまま、うっとりとお過ごしくださいね。/宝野アリカ

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング