日本音楽史の金字塔、はっぴいえんどの高音質試聴会開催

dwango.jp news / 2014年11月28日 21時39分

日本音楽史の金字塔、大滝詠一、細野晴臣、鈴木茂、松本隆の4人による「はっぴいえんど」が、1970年と1971年に発表した歴史的アルバ ム『はっぴいえんど』『風街ろまん』を最新技術で復刻した。

貴重な資料も豊富に収録した「はっぴいえんどマスターピース」が12月26日に発売さ れるが、同作品に収録される資料集の一部画像が公開された。

公開されたのは1970年当時のスタジオでのレコーディング風景写真や、アルバム『はっぴいえんど』収録の楽曲『春よこい』のオリジナルマスターテープの写真、アルバム『風街ろまん』に収録の楽曲『空色のくれよん』のマルチトラックテープのセッションシートなど、ファン垂涎の画像 ばかり。

さらに、若かりし松本隆が歌詞を書き綴った「人文地理」のノートの表紙画像や、アルバム『風街ろまん』に収録の楽曲『春らんまん』『夏なんです』の手書き歌詞の画像も公開された。

また同作品は、英国最大級のメトロポリス・スタジオにてオリジナルマスターテープから最新リマスタリングされた「アナログ盤」「デジタルリマ スタリングCD」「96kHz24bitハイレゾ音源ダウンロードカード」を収録するが、発売に先駆けてその高音質を体感できる”試聴会”の開催も決定した。

1970年当 時、はっぴいえんどのレコーディングディレクターをつとめていた音楽評論家の小倉エージ氏を招き、当時のエピソードも交えながらの試聴会となる。12月14日(日)東京都内にて開催。参加は応募抽選となる。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング