Base Ball Bear、コンセプトライブとツアーを同時発表

dwango.jp news / 2014年11月30日 14時11分

11月29日(土) Zepp DiverCity Tokyoで行われた、Tour「二十九歳」追加公演のアンコール時に、ボーカル小出から、新シリーズライブ「シリーズ”LIVE IN LIVE″」& Tour「二十九歳+一」を開催することを発表した。

これまでに、シリーズライブとして「日比谷ノンフィクション」等を行ってきた彼らが、新シリーズライブ「シリーズ”LIVE IN LIVE″」の開催ともあり、どのようなコンセプトライブになるのか、期待が高まる。プレミアムな1日になること必至。

さらに、Tour「二十九歳」を終えたばかりの彼らは、2015年3月7日(土)から、 Tour「二十九歳+一」の開催も同時に発表した。 早くも2015年のBase Ball Bearは目が離せそうにない。

<小出祐介(Vo,Gt)コメント>
2014年11月29日、アルバムツアーである「Tour 二十九歳」を無事に終えることができました。このツアーのMCで度々触れていたのですが、Base Ball Bearは、インディーズ時代から数えると150曲ほどの持ち曲があるバンドです。毎回セットリストを決める度に、あれもやりたいこれもやりたいとなりますし、また、あれが聴きたいこれが聴きたいという声もいただきます。ですが、どう考えてもそれらすべてを2時間のライブに詰め込むことは不可能です。実際、持ち曲の8分の1くらいしか演奏出来ないわけです。新曲はこれからもどんどん作っていくでしょうから、自ずと演奏したくても出来ない曲もどんどん増えていきます。そこで。「シリーズ”LIVE IN LIVE(ライブ イン ライブ)″」と題しまして、これまでの楽曲を万遍なく演奏し、そして、それを聴いていただくためのライブシリーズを定期的にやっていこうと思います。
例えば、「リクエストのみで構成されるライブ」「ラブソングのみで構成されるライブ」「B面の楽曲のみで構成されるライブ」「過去のアルバムの再現ライブ、もしくは、過去のアルバムツアーを現在の考え方で構成してみるライブ」…などのように、毎回コンセプトを決めて構成を組んでいこうと考えています。タイトルの意味は「LIVEのなかで生きる」みたいな感じでしょうか。英語わかんないので文法とか合ってるかわかんないけど。笑 そんなニュアンスで。
僕らがこういう企画を立ち上げようと思ったのは、「Tour 二十九歳」を通して、バンドがやっとバンドらしくなったと思えたからです。はっきり言って、僕らは現在、とても良い状態です。
今であれば、10代の時に作った曲もさらにフレッシュに演奏できるかもしれない。20代の曲からさらに奥行きを引き出すことができるかもしれない。そんな気がしています。僕らにとっても、みなさんにとっても、何か新しい発見になればいいですね。お待ちしております。
あと、2015年春には「Tour 二十九歳+一(プラス ワン)」と題したツアーを行います。「二十九歳」に年齢だけではなく、次のバンドのモードをプラスしたいと思っております。引き続きどうぞよろしくお願い致します。
Base Ball Bear 小出祐介

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング