BUCK-TICK、全国ツアーファイナル映像化決定

dwango.jp news / 2014年12月2日 17時0分

現在、各地ソールドアウトとなっている全国スタンディングツアー中のBUCK-TICK。

全28公演に及んだ大規模な全国ツアー「TOUR2014 或いはアナーキー」のファイナル公演、9月26日に開催されたNHKホールのライブの模様の映像『TOUR2014 或いはアナーキー -FINAL-』が、来年2月25日(水)に発売されることが明らかになった。

最新アルバム『或いはアナーキー』のテーマである“シュルレアリスム”を踏襲したセット・映像と、パフォーマンスをリンクさせたかたちでテーマの具現化を図り、BUCK-TICKが創り上げた妖艶な芸術世界が色濃く表現されたライブツアーの集大成ともいえるファイナル公演。

この日のLIVEはシングル『形而上 流星』のカップリング曲『VICTIMS OF LOVE with 黒色すみれ』でゲスト参加した女性ユニット、黒色すみれがアンコールでBUCK-TICKと共演し色を添えるなど見どころの多いライブだけに映像化を熱望するファンの声が多数あり、期待を裏切らないリリース発表となった。

常に前衛的な姿勢で多彩な作品を世に出している彼らは、今年5月に発売したシングル『形而上 流星』がオリコンウィークリーチャート10位、6月に発売したアルバム『或いはアナーキー』が4位、10月にタワーレコード限定で発売されたLIVE CD『TOUR2014 或いはアナーキー』は9位にランクインと、今年発売した作品すべてがオリコンウィークリーチャートTOP10入りを果たし、メジャーデビューから27年を経て今なおロックシーンの最前線で活躍し続けている。

なお、12月29日(月)には15年連続となる日本武道館でのライブが決定している。オフィシャルサイトをチェックしよう。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング