「あの扉の向こうには、続きがあった」テラスハウス映画化

dwango.jp news / 2014年12月10日 10時10分

海の見えるシェアハウスに暮らす男女6人の日々を記録したリアリティショー「テラスハウス」。

2012年10月にテレビ放送をスタートして以来、総勢22名の若者が2年間の台本のない日々を駆け抜けた。23時台では圧倒的な最高視聴率9.1%(14年3月31日)を記録、また番組公式チャンネルのトータル再生回数は2億回(2014年12月8日現在)を超えるなど驚異的な人気を博した。

関連商品のサントラは25万枚以上(3作品合計)を売り上げる大ヒットでも話題となった本作は、2014年9月、多くのファンに惜しまれつつ終了。

しかし、この度ついにテレビを飛び出し、「テラスハウス クロージング・ドア」と題し、映画化が決定した。

番組のラストシーンは、2年間テラスハウスに住み続けた菅谷哲也(てっちゃん)が、家の扉を開け、出ていこうとするところで終わる。しかしあの日、あの扉の向こうには、本当の<ラスト>へと続く新たな日々が待っていた。てっちゃんと新たな住人たち、そして卒業したメンバーたちによる「ラストデイズ」が始まる。

テレビ放送後も、歴代出演者のSNSフォロワー数は各7〜56万を有し、番組世界観に憧れを抱く視聴者から支持を集め続けている。用意したのは素敵な家と素敵な車だけ。あいかわらず、台本は、ない。

そして、今回この映画のオリジナル・サウンドトラックCDの発売も同時決定した。映画公開日の2015年2月14日と同週の2月11日に、ユニバーサルミュージックより発売予定だ。

今年5月に発売された「テラスハウス」初の公式サウンドトラック『TERRACE HOUSE TUNES』が出荷枚数15万枚を越える大ヒットを記録し話題を呼んだが、今作はそれをも凌ぐヒットが期待されている。

<プロデューサーコメント>
太田大プロデューサー、松本彩夏プロデューサー
「あの扉の向こうには、続きがありました。本当のラストは、ここから始まります。2012年10月にテレビ放送をスタートした「テラスハウス」。海の見える素敵なシェアハウスで、総勢22人の若者が、でこぼこの日々を駆け抜けた2年間。今年9月、放送に幕を閉じることになりました。恋をしたり、夢を見たり、恋を失ったり、夢を見失ったり、挫折して、嫉妬して、涙して、そして思いきり笑いあって…大切な仲間を得た彼らは、それぞれのゴールを見つけて、家を出て行きました。しかし…2年かかって、ゴールを見つけていない男が一人…。「テラスハウスで、やりのこしたことは『卒業』」。番組開始当初から最後まで唯一テラスハウスで暮らし続けた菅谷哲也の、この一言で、その続きを描くことに思い至りました。この度の「テラスハウス クロージングドア」は、哲ちゃんがあの扉を開けてから『卒業』までの日々を、相変わらず、ただただ記録したものです。哲ちゃんと新たな5人の住人たち、そして卒業したメンバーたちによる、「本当のラストデイズ」が幕を開けます。彼等は、どのように次の一歩を踏み出すのか、はたまた踏み出さないのか…。そして、その一部始終をテレビ放送ではなく、劇場のスクリーンに場を移すことにしました。「テラスハウス」は恋人や友人はもちろん、または見ず知らずの人々とSNSなどで互いの感想をシェアしながら見ることが出来る番組でした。でも、最後の最後は、劇場という閉ざされた場所で、大切な人とともに、または「テラスハウス」を好きでいてくださる方々同士で、同じ時間と空間で想いをシェアしていただきたいと願い、映画という形にさせていただきました。バレンタインに、あの扉の向こうに続く「本当のラスト」を是非、見届けにいらしていただければと思います。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング