℃-ute中島早貴が地元・埼玉秩父のいちごを応援

dwango.jp news / 2014年12月18日 18時38分

12月17日(水)、埼玉県秩父郡にある小松沢レジャー農園にて、秩父の甘いいちごをPRする「秩父いちごOh!園(応援)アンバサダー」の委嘱式が行われた。

秩父観光農林業協会、秩父観光いちご組合から、「℃-ute」メンバーで埼玉県出身の中島早貴に委嘱状が手渡された。

埼玉県秩父地域では、今年2月の記録的な大雪によって、観光農園の農業用施設が倒壊し、観光客数が大幅に落ち込み大きな被害を受けた。埼玉県から事業委託を受けた秩父観光農林業協会では、復興をPRするためのキャンペーン「秩父地域の観光農業は、あの日の大雪に負けない!」プロジェクトを実施しており、今回の中島の任命は、このプロジェクトと「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015」イベントとの連携によって実現した。

「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015」は、「堀内孝雄」、「モーニング娘。’14」や「℃-ute」などのアーティストを抱えるアップフロントグループによる活動で、2015年3月28日(土)、29日(日)に、パシフィコ横浜でイベントを開催予定。「地域(里山/里海)の景観と暮らしを御洒落に格好よく変えよう!」という理念のもと、里山/里海の産業や暮らし方、楽しみ方をメディア・楽曲・イベントを通じて発信するとともに、若者達がもっと里山/里海に集うことを呼び掛けるもので、活動は4年目となる。

「秩父いちごOh!園(応援)アンバサダー」に任命された中島早貴は、「自然いっぱいで人も温かい。そんな中で育ったいちごだからこそ、こんなに甘くて美味しいんだと思いました。そんな秩父のいちごを応援できることになれて、とても嬉しいです。もっともっとたくさんの方に、秩父のいちごは美味しいよー、と伝えていきたいです。」と抱負を語った。中島は、いちご狩りも体験し、秩父の甘いいちごを楽しんだ。また、秩父のいちご生産者を代表して、秩父いちご観光組合の町田組合長は、「幅広い方々に知って頂ける機会を作ってもらえれば」と語り、中島の発信力に大きな期待を寄せている。秩父地域の観光いちご園は、今年2月の大雪被害に負けず、来年1月から21園が開園。秩父観光農林業協会によれば、秩父地域では、昼夜の寒暖差が大きいことから、甘くて美味しいいちごを作ることができるとのこと。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング